今なら249ドル!狭額縁ディスプレイとカメラギミックがカッコイイSIMフリースマホ「Elephone PX」

今なら249ドル!狭額縁ディスプレイとカメラギミックがカッコイイSIMフリースマホ「Elephone PX」

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/12/08
No image

格安のスマホやウェアラブルを販売していることで知られている中国の会社Elephone。そんなElephoneがIndiegogoにて最新モデル「Elephone PX」を投入した。

そのモデルが驚くことに今ならたったの249ドル(約2万8080円)なのだ。一体どんなデバイスなのだろうか?

・最近のトレンドに合わせた狭額縁ディスプレイ

No image

まずはElephone PXの基本スペックから整理しておこう。RAMは4GB、ROMは64GB、プロセッサはMediatek製の8 Core(64Bit)のモデルを搭載しており、ディスプレイには6.34インチ(アスペクト比19:9)のLCD(HD+)を採用。

OSにはAndroid 9 Pieを搭載し、バッテリー容量は3500mAhとまずまずのスペックだ。背面には専用のLEDライトセンサーがついており、指で触れるだけで心拍数を測ることまでできる。また、ディスプレイ占有率は89.5%で、見た目も最近のトレンドにしっかり合わせてきている印象だ。

・飛び出すフロントカメラはデュアルレンズ

No image

前面、背面ともに1600万画素と200万画素のデュアルカメラを搭載している。特に面白いのがフロントカメラのギミックだ。ベゼルを限りなく狭くするためにフロントカメラは本体に収納されており、撮影時にニョキッと飛び出す仕組みだ。

とある会社も似たギミックのスマホを以前に出していたが、なかなかユニークなギミックといえるだろう。残念ながら、SIMフリーといえど日本の通信キャリアの対応可否は公表していない。

発送は2019年3月頃を予定している。ちょっと変わったスマホを求めていたという人にはピッタリのモデルかもしれない。

執筆:Doga

Elephone PX/Indiegogo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローランド、SNKとのコラボで「NEOGEO」ヘッドホンを発売
もはや完全ワイヤレスイヤホン祭り状態、デザインも機能も豊富な選択肢
PayPay、障害多発&店舗パニックで苦情噴出→突然の「今日で終了」宣言でさらに苦情
備えあれば憂いなし!一家に一台あると便利な超大容量バッテリー5選
何個知ってた? ググらないGoogleの使い方、教えます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加