元J1監督らも搭乗...墜落事故で75人死亡

元J1監督らも搭乗...墜落事故で75人死亡

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/30
No image

南米・コロンビアで28日、ブラジルのサッカー選手らが乗ったチャーター機が墜落した事故で、現地当局は75人が死亡したと発表した。搭乗者には、Jリーグの元監督や元選手が含まれていた。

ブラジル1部リーグのクラブ「シャペコエンセ」の選手や報道陣ら81人を乗せたチャーター機は、コロンビア・メデジン近郊の山岳地帯に墜落した。コロンビアの当局は75人が死亡したと発表する一方、6人が救出され、生存していることを明らかにした。

「シャペコエンセ」の選手らは、南米の強豪クラブが出場するサッカーの国際大会「コパ・スダメリカーナ」の決勝戦に出るために、コロンビアに向かっていたという。

シェペコエンセ副会長「チームは前に進まなければならないが、今は言葉が出ない。何を話せばいいかわからない」

チャーター機の搭乗者名簿には、サッカーJ1「ヴィッセル神戸」のカイオ・ジュニオール元監督のほか、「セレッソ大阪」などでプレーしたケンペス選手ら、元Jリーガーの選手4人が含まれているが、生存者の名簿にはいずれも名前がなかった。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
マンU 主役級の存在感消える
本田ミランの売却、3月3日になると発表
シャルケ内田のELメンバー入りが正式発表...1年9カ月ぶりの試合復帰へ
シャルケ内田、復活目前 欧州リーグの練習に参加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加