憧れのマノロ・ブラニクとドリス・ヴァン・ノッテンの秘密が明かされる...

憧れのマノロ・ブラニクとドリス・ヴァン・ノッテンの秘密が明かされる...

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/01/13
No image

映画「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」(マイケル・ロバーツ監督、全国で公開中)のマノロ・ブラニク。自然や植物からヒントを得てデザインを描く様子も映される (c)HEELS ON FIRE LTD 2017

ファッション業界のドキュメンタリー映画が目立つ。マノロ・ブラニクとドリス・ヴァン・ノッテン。日本でも人気のデザイナーに密着した話題2作品が公開される。

【写真】芸術品のような美しさと履きやすさを誇るマノロ・ブラニクの靴

映画「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」の主人公は、シューズデザイナー、マノロ・ブラニク(75)。幼いころから靴に興味を示し、庭のトカゲにチョコレートを包む銀紙で靴を作った逸話の持ち主だ。

1971年にブランドをスタートさせ、故ダイアナ妃やマドンナなど多くの顧客を持つ。98年にドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公が愛用したことで世界的にブレークした。

特徴はその美しさと“世界で唯一走れるピンヒール”と言われる履き心地のよさ。映画からはチャーミングな人柄と、いまも靴の原型をすべて自分で作る“職人”ぶりがうかがえる。

もう一つの映画「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」の主人公はデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン(59)だ。ベルギーで3代続くテーラーの家に生まれ、幼少時代から服に親しんだ。86年に自身のブティックをオープン。ミシェル・オバマ前大統領夫人、ニコール・キッドマンらも彼のファンとして知られる。

服の生地はほぼすべてがオリジナル。独特の色遣いやプリント、繊細な刺繍などが特徴だ。映画ではインドにある刺繍工房も紹介され、現地職人による手仕事のすごさがわかる。カメラは豪奢な自宅や庭園にも潜入。28年連れ添うパートナーとの暮らしぶりも紹介する。

マノロとドリスの二人に共通するものは多いと、ファッションジャーナリストの宮田理江さんは話す。

「ドリスは手仕事にこだわりを持ち、トレンドに流されないデザイナーです。マノロも同じく、その靴は“靴のロールスロイス”と呼ばれるほどの履き心地で、デザインもベーシックなものが多い。どちらにも“タイムレス”な魅力があります」

なぜファッション映画が続くのか。ブランドのPR戦略? マノロ ブラニクのロンドン本社ホールセールマネジャー、ロベルト・コンファローネは話す。

「それはないです(笑)。監督はマノロと40年来の知人で、その関係から映画が生まれました。ただ我々もSNSの台頭でブランドに対する人々の興味の質が変化してきたと感じています。みんな商品が出来上がる過程や、デザイナーのキャラクターを知りたがっているのです」

前出の宮田さんも同意見だ。

「いま有力ブランドは競って“ストーリー”を打ち出しています。世界的にファストファッションが広まるなか、彼らはブランドの歴史や、職人による“ものづくり”を見せることで、大量生産との差別化を図っている。映画は格好のツールなのです」

さらにマノロとドリスには大きな共通点がある。どちらも巨大企業に属さず、自らの名前を冠したブランドを守り続けていることだ。こうしたブランドはいまや稀有な存在だと、ドリス・ヴァン・ノッテンの広報は話す。

「マーケット寄りの“売りやすい、無難な服”が蔓延するなか、ドリスは一つひとつのものづくりを丁寧に行い、すべてに自身の感性と世界観を貫いている、数少ないデザイナーです」

宮田さんも指摘する。LVMHグループを筆頭に、ブランドの巨大企業化が進んでいます。企業傘下に入れば経営は安定しますが、売り上げもシビアに求められる。デザイナーの自由度も制限されます。いま老舗メゾンではデザイナーが短期間でコロコロ代わっています。創業デザイナーが10年ほどでブランドを売り払うケースも多いのです」

デザイナーが忙しすぎることも問題になっている。

「春夏(9月)と秋冬(2月)の2大シーズンに加え、セール前の6月と11月にもコレクションを発表するブランドが増えている。デザイナーが疲弊している状況です」(宮田さん)

デザイナー、ブランドはどうすれば生き残れるのか。

「いま消費者は単に『オシャレだから』では動きません。例えばドリスは毎シーズン必ず刺繍を取り入れ、インドの職人たちに安定した雇用を供給している。服を買う人はフェアトレードによる社会貢献の満足感も得られる。『流行が過ぎた服の処理方法』も、環境問題への企業の取り組みとして関心が向いている。そこに価値を見いだす人は今後も増えていくでしょう」

ものづくりの原点にこだわり、ぶれずに、自分を貫く。自然とともに生きる。現代を生き抜くヒントを二人は教えてくれているようだ。(ライター・中村千晶)

※AERA 2018年1月15日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『勝手にふるえてろ』は2017年ベスト!ヌードより官能的な濡れ場表現を見逃すな!
原田泰造「柴犬よりなついた」“息子”七瀬公との仲をアピール
安室透 VS コナン!『名探偵コナン ゼロの執行人』メインヴィジュアル解禁!
宮崎駿の映画初監督作『カリオストロの城』が名作な理由【コラム】
佐々木希、「大胆艶技」映画が“お蔵入り”でロケ地自治体まで甚大被害!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加