前川清 106キロの次女・侑那がメジャーデビュー “巨漢”ロックユニットで

前川清 106キロの次女・侑那がメジャーデビュー “巨漢”ロックユニットで

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/11/20
No image

父・前川清(左)の沖縄公演でメジャーデビューを発表した次女・前川侑那=沖縄県宜野湾市

歌手・前川清(70)の次女・前川侑那(ゆきな・27)が18日、沖縄コンベンションセンターで父の50周年記念ツアーファイナル公演に出演。Yuの名でボーカルを務める男女2人組ロックユニット「Dire Wolf」として来年1月16日にアルバム「SHINKA」でメジャーデビューすると発表した。

前川家では長男・紘毅(33)に続くメジャーデビューで、侑那は身長168センチ、体重106キロで父が「0・1トンの娘」と称する“最後の大物”。今回メジャーデビューするユニットは相方のベース・SHISYO(27)も体重160キロと巨漢同士。激しいロックからバラードまで幅広いジャンルながら、高い音楽性に関係者が注目してメジャーデビューに至った。計266キロの2人が激しく動き回るステージもウリ。アルバムのMVも特性を生かして土俵の上で相撲テイストたっぷりに撮影した。

多くの2世が親の背中を見て育ったように、侑那も父・清の影響で小3から歌のレッスンに通った。中学、高校ではバンド活動に励む一方、女子サッカー部に所属。高校時代にはGKで東京都選抜に選ばれ、その素質は将来の「なでしこJAPAN」入りも期待されたほど。結局、ひざの故障で音楽の道に専念し洗足学園音楽大学ロック学科に進学。ボーカリストとして学び、卒業後にユニットを結成した。

この日は父にエスコートされ、ステージで新たな門出を発表。祝福の拍手を浴びながら持ち歌の「Hi boy」を熱唱し「父の存在は自分の強み。使えるものは使う。でもこれからは自分の力。それに賭けてみたい」と決意表明した。

娘の晴れ舞台となったこの日、父・前川清も自身の50周年記念ツアーを完走。さらに所有する競走馬(名義は前川企画)で侑那が名付けたファイトアローン号が福島競馬2Rで7番人気ながら1着と慶事が重なりウハウハ。公演では笑顔いっぱいに新曲「初恋 Love in fall」などを熱唱した。愛娘の門出には「この世界は厳しい。いつかつぶれる。でもそれができるだけ遅くなってほしいな」と愛のエール。そんな父に侑那も「(活躍して)馬を1頭買ってあげたい」と恩返しを誓った。

21日にデジタルシングル「SHINKA」を先行配信。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
BUMP OF CHICKEN、新曲“新世界”をロッテ創業70周年記念スペシャルアニメに書き下ろし
地上波冠番組「輝夜月のTALKIN on the Moon」ゲストにキズナアイ、LiSA
「Mステスーパーライブ」全楽曲解禁
ブクガ、多数の舞台演出で「yume」を描いたヒューリックホール単独公演
『Mステスーパーライブ2018』、全楽曲発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加