連絡先を交換したいと思っている女性がさりげなく取る行動9パターン

連絡先を交換したいと思っている女性がさりげなく取る行動9パターン

  • オトメスゴレン
  • 更新日:2018/09/22
No image

連絡先を交換したいと思っている女性がさりげなく取る行動9パターン

連絡先を交換したくても、自分から切り出すことが恥ずかしくて、男性にさりげなくアピールするという女性は多いようです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考に、「連絡先を交換したいと思っている女性がさりげなく取る行動」をご紹介します。

【1】話をしているときに、スマホをさりげなく取り出す

「スマホを意識してくれるかと思って…」(10代女性)というように、バッグからわざわざスマホを取り出していじる行動には、手元を見てほしいという意図があるようです。話に集中していないと不快に思わずに、「ケースかわいいね」などとコメントすると、そこから一気に話が進むかもしれません。

【2】「何を中心にやってるの?」とSNSの話題を出す

「『インスタやってるよね?』みたいな流れでアカウントを教え合えたらいいな」(20代女性)というように、SNSの話題を出すことで、連絡先交換に結び付けようとする人もいます。相手の意図を察したら、こちらから「じゃあつながろうよ」と申し出てあげましょう。

【3】「最近、誰ともLINEしてなくて寂しいんだ」などと冗談っぽく言う

「『俺でよければ』と言ってくれるかもしれないから」(10代女性)というように、LINE相手を探すフリをしてID交換に持ち込もうとするパターンです。LINEが苦手でなければ「じゃ、暇なときに雑談しようか」などと応じてあげると、女性に喜んでもらえるでしょう。

【4】「スマホが見つからない」と言って、相手に電話を鳴らしてもらう

「スマホを見つけたあと、『せっかくだから電話番号を登録していい?』と畳みかける作戦(笑)」(10代女性)など、ちょっとした演技をする女性もいるようです。「ちゃんと探した?」と冷たいことは言わずに、けなげなそぶりに乗ってあげる度量の大きさを見せましょう。

【5】「今度、カラオケに行こうよ」と遊ぶ計画を持ちかける

「遊ぶには連絡先の交換が必要だから、聞いても警戒はされないはず」(20代女性)と、遊ぶ約束を口実に連絡先を聞き出して、相手との距離を一気に縮めたいと目論む人もいます。気が向くようなら、ノリで話を進めてみるのもいいでしょう。

【6】「普段は何してるの?」など、プライベートなことを聞きたがる

「音楽の趣味が合えば、『今度ライブ行こうか?』と話が広がって、連絡先を交換できるはず」(20代女性)というように、共通の話題をきっかけに連絡先を教えてもらおうというパターンです。気の合いそうな女性であれば、そこから徐々にお近づきになるのも悪くないでしょう。

【7】「もっといろんな話をしたかったな」と強調する

「もっと話したいときは、後悔しないためにはっきり意思表示する」(20代女性)など、ストレートに好意を伝える女性もいるようです。明らかに名残惜しそうにされたら、よほどのことがない限り、男性から連絡先を聞いてあげるのが優しさではないでしょうか。

【8】まず近くにいるほかの人と連絡先を交換する

「まわりが交換してたら、『じゃあ…』と自然に聞いてもらえそう」(20代女性)というように、周囲の雰囲気を作って、連絡先交換を促すパターンです。「今、聞くのが自然かな」という流れになったら、「俺も」と輪に入ってみるといいかもしれません。

【9】まわりのみんなと写真を撮って、「今の送るね」と言う

「『今日の記念に』と写真を撮ってグループラインで送ることにする」(10代女性)など、画像を口実に送付先を聞き出そうという女性も多いようです。LINEのIDを教えてくれるかどうかで、脈の有無を判断するほど重視される場合もあるので、適当に聞き流さず、誠意を持って対応したほうがいいでしょう。

今まで見逃していた女性の行動はありませんでしたか?ほかにも、連絡先を聞いてほしそうだと感じた女性の行動があったら教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「あの人エッチがうまそう」と想像してしまう男のスポーツ9パターン
夫の単身赴任から始まった家庭崩壊。ただの浮気では終わらなかった...【岡野あつこが語る!実録結婚奇譚】
男性が「LINEの駆け引き」にイラッとする理由
良い関係が長く続く!相性のいい大人のカップルが自然とやっている習慣
あいまいな関係から本命彼女になるために「するべきこと」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加