桐生祥秀 2年連続マグロ獲得にうれしい悲鳴「すしだと2000貫」

桐生祥秀 2年連続マグロ獲得にうれしい悲鳴「すしだと2000貫」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

ホンマグロが贈られ笑顔を見せる桐生祥秀(右)=都内(撮影・中田匡峻)

陸上男子100メートルで9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀(21)=東洋大=が7日、都内で行われた「毎日スポーツ人賞」の表彰式に出席した。

今年9月に日本勢初の9秒台をマークした快挙が評価され、グランプリを受賞。昨年はリオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルメンバーの1人としてグランプリを獲得しており、「昨年はチームみんなで、今年は個人で受賞し、2年連続なのでうれしいですね」と笑顔を見せた。

副賞としてマグロ1本をゲットしたが、これも2年連続。「昨年は4等分したけど、今年は分けても余る」とうれしい悲鳴を上げ、「すしだと2000貫分らしい。友達をみんな呼んで一緒に食べたい」と“すしざんまい”を予告。マグロの良質なタンパク質を脚力に変え、来季も日本を沸かせる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日本のノンアルコールビールが不味すぎる理由
知らぬ間にスマホのバッテリーを吸いとっていること7選&止める方法
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
春風亭昇太、「笑点」始まって以来の不祥事を謝罪 座布団の枚数がまさかの...
日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(3)貴ノ岩は全力士を敵に回した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加