Apple Watch磁気充電ケーブルにUSB-C端子モデルが発売

Apple Watch磁気充電ケーブルにUSB-C端子モデルが発売

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/10/20
No image

Appleは、「Apple Watch磁気充電 – USB-Cケーブル(0.3m)」の販売を開始しました。ケーブル長は0.3mのものだけが販売されており、価格は従来のUSB-Aケーブルと同じです。

Apple Watch用USB-Cケーブル、0.3mモデルのみが発売

Apple Watch用の磁気充電ケーブルは、0.3m、1m、2mが販売されていますが、USB-C(USB Type C)ケーブルが発売されているのは、本稿執筆時点では0.3mのモデルのみです。

No image

新発売の USB-Cケーブル(0.3m)の価格は、USB-A端子を搭載した従来のケーブルと同じ3,500円(税別)です。

0.3mという長さは、USB-C端子を持つMacBookに接続して、Apple Watchを充電するような使い方に便利です。

次世代iPad ProはUSB-C端子搭載と噂

「Apple Watch磁気充電 – USB-Cケーブル」が発売されたのと同じ日、Appleは10月30日にニューヨークでスペシャルイベントを開催すると発表しています。

このイベントでは、次世代iPad ProやMacBook Air後継モデルなどの発表が期待されています

中でも、次世代iPad Proに搭載される端子は、従来のLightning端子に代えてUSB-C端子に切り替わると予測されています。

このタイミングでApple Watch用にUSB-C端子用の充電ケーブルが発売されたことは、今後のApple製品にUSB-C端子の採用が進むサインなのかもしれません。

Source:Applevia9to5Mac
(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フルモデルチェンジした新しいiPad Proで知っておきたい7つのポイント
一部ユーザーのApple IDがロックされる原因不明の現象が発生中!
「Appleは今年中にAirPod 2を確実に発売」新たなリークで期待高まる
こんな使い方アリ?iPadの便利すぎる活用法
新型iPad Proが本日から発売!実際に購入した人の感想をTwitterから集めてみました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加