狂信的人気を誇るジャズマン、チェット・ベイカーのクスリと女と限りなく美しい音楽に満ち溢れた生涯

狂信的人気を誇るジャズマン、チェット・ベイカーのクスリと女と限りなく美しい音楽に満ち溢れた生涯

  • @DIME
  • 更新日:2016/10/19
No image

実在したミュージシャンの「生きざま」を描いた映画は数々あるが、ここまで「ダメ男」っぷりに特化した映画も珍しい。11月に公開される『ブルーに生まれついて』は、伝説的ジャズ・トランペッターでヴォーカリストのチェット・ベイカーの生涯にフォーカスしている。

チェットは1950年代前半に「ウエスト・コースト・ジャズ」で脚光を浴び、権威あるアメリカのジャズ専門誌『ダウンビート』の54年度トランぺッター人気投票ではダントツの第1位に輝いている。同じくジャズ専門誌の『メトロノーム』も同様の結果。ロックよりジャズが主流の時代、全米での人気ぶりは圧巻であった。しかしその実像は、筋金入りのジャンキーで、女好きで、甘ったれで傲慢で、プロデューサーには金をせびりまくるという、どうしようもない男なのだ。帝王マイルスは「金と女のためにジャズをやるヤツは信用しない」と冷たく言い放つ。するとすぐにヘコんでしまう弱い男。そしてますます薬に溺れ、60年代半ばには代金を踏み倒したドラッグの売人にボコボコにされて、トランペッターの命ともいうべき前歯まで折られてしまう。もちろんシーンからは転落。助ける者はひとりもおらず、唯一の味方である恋人までが、世間から冷い視線を浴びせられる……。

映画は栄光の50年代に始まり、紆余曲折を経て70年代に奇跡の復帰を果たす(か?)……というチェットのストーリーが、リアリティをもって描かれる。(ちょっとネタバレだが)普通なら、ヒーローが奇跡の復活を遂げてハッピー・エンドとなりそうなところだが、彼のイメージは最後まで美化されることはない。スターであった最初からラスト・シーンまで、彼の深い孤独と不安に満ちた苦悩の闇がこれでもかと描かれていく。リアルでも映画でも、最初から最後まで「どうしようもない男」なのである。

しかし、どうしてそんなチェットが「伝説のジャズマン」なのか。それはも言うまでもなくチェットの音楽が限りなく美しいからだ。トランペットもヴォーカルも、その唯一無二の個性とそこに込められた深い感情が聴く者すべての心を打つのだ。もちろんドラッグや女グセがそれを作り上げたわけではない。それにも関わらず素晴らしい音楽を生み出した、というところが伝説たる所以なのだ。

主演は『6才のボクが、大人になるまで。』(2014年公開/アカデミー賞助演男優賞ノミネート)や『リアリティ・バイツ』などで知られるイーサン・ホーク。劇中ではチェットそっくりな歌声も聴かせ、トランペットの音は、猛特訓の成果で彼が吹いているようにしか見えない。ホークと監督のチェット愛、ジャズ愛もひしひしと伝わってくる。チェットの素晴らしい音楽の前には、「ダメ男? それがどうした」ということなのだろう。

映画を見る前に、ぜひ本物のチェット・ベイカーの音楽に触れておくことをお勧めする。よりリアリティをもってチェットの苦悩と、音楽の美しさが迫ってくるはずだ。タイムリーなことに、10月18日発売のCD付きマガジン『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』第13号(小学館)はチェット・ベイカーの特集。チェットのリアル・ストーリーをマガジンで知り、代表的名演をCDで楽しむことができる。

No image

『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』第13号

映画『ブルーに生まれついて』(原題:Born To Be Blue)/アメリカ・カナダ・イギリス合作映画/監督・脚本:ロバート・バドロー/配給:ポニー・キャニオン/11月26日より公開

(c) 2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited.ALL RIGHTS RESERVED.

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ディズニー「ベイマックス」地上波初放送決定
映画『アウトレイジ 最終章』2017年公開決定!
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
カンボジアの子どもたちに映画が届くコーヒー、クリスマス限定販売
ロジャー・コーマンの出資決定、日本版「ピラニア」はマグロサイズに!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加