Pepperを活用した教育も 東松島市とソフトバンクが包括協定

Pepperを活用した教育も 東松島市とソフトバンクが包括協定

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2018/01/12
No image

宮城県東松島市とソフトバンクは1月12日、教育や観光、高齢者支援などの分野で同市の発展と市民サービス向上を目的とする包括協定を締結した。ソフトバンクが東北地方の自治体と包括協定を結ぶのは初めて。

東松島市(出典:東松島市観光ホームページ

同協定の内容は、ICTを活用した教育や子育て支援、市民の健康増進、高齢者の生活支援、地域観光の活性化、働き方改革の推進、そのほか公益活動に関わることとしている。

具体的には、人型ロボット「Pepper」を活用したプログラミング学習、ICT技術を利用した部活動やスポーツ支援、シェアサイクルやスマートフォンアプリを活用した地域観光の活性化、タブレットを活用したテレワークの推進などを予定する。

No image

Pepper(出典:同社サイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐川急便、上場で億万長者ドライバー続出?
ビットコイン、一時100万円割れ 規制強化に警戒感
しまむら、突然に深刻な売上減突入...「しまむららしさ」消失、しまパトの楽しみ奪う
政府が主導する、定額働かせ放題プラン「残業ゼロ法案」の危険性
ビットコイン急落。一時は1万ドル以下に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加