スノボ藤森由香「平昌を最後に」第一線を退く意向

スノボ藤森由香「平昌を最後に」第一線を退く意向

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

欧州遠征から帰国した藤森由香(撮影・上田悠太)

06年トリノ五輪女子スノーボードクロスで7位に入るなど3度の五輪に出場し、現在は新種目ビッグエアに取り組む藤森由香(31=アルビレックス新潟)が13日、代表が有力な来年2月の平昌(ピョンチャン)五輪を最後に第一線を退く意向を明かした。

9位だったイタリア・ミラノでのW杯第1戦から成田空港に帰国し、「今回の平昌を最後にする予定でいる」と“代表引退”を口にした。国際スキー連盟主催の国際大会などは出場せず、22年北京五輪は目指さない予定という。「悔いの残らないよう、やりたい滑りを出せるようにしたい」と集大成への意気込みを語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
靴ひもを自由に通せる画期的な新スパイクをプーマが発表
“天才”小野伸二に海外メディア注目 中田英寿らに並ぶ「日本サッカー界のレジェンド」
【コラム】2大会ぶりのW杯制覇へ...激化するポジション争いが“無敵艦隊”を強くする
バルサ『フェキルと接触』
関東大学サッカー運命の最終節、1部残留争いは三つ巴、2部では早稲田が“勝てば天国負ければ地獄”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加