能見、筒香に手痛い一発浴びる 1カ月ぶり白星逃す

能見、筒香に手痛い一発浴びる 1カ月ぶり白星逃す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

4回、DeNA・筒香に先制の本塁打を浴びる阪神・能見=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム)

阪神の先発・能見が、6回7安打1失点で降板。“ハマの主砲”に手痛い一発を食らい、1球に泣いた。

0-0の四回。先頭の筒香に外角低めの直球を完璧に捉えられた。打球はバックスクリーン左へ着弾し、スコアボードに「1」が刻まれる。防ぎたかった先制点。左腕はマウンド上で肩を落とした。

それでも能見は「いつも通り低めに集めることを意識して、野手の好守に助けてもらいながら、なんとか6回を粘り強く投げることができました」と振り返った。

7月1日・ヤクルト戦(甲子園)の3勝目を最後に白星から遠ざかり、3連敗中だった。今季初登板のDeNA戦で好投を見せたものの、またも勝ち星を取り切れなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・大山、トドメ3ラン含む5打点!金本監督「自信つけていい」
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
盛岡大付3番植田2打席連発、両軍5発の乱打戦制す
巨人・宇佐見、1号がサヨナラ本塁打!球団5人目の快挙「最高です!!」
オリックス宮内オーナー5連敗に激怒「策なさ過ぎ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加