両打ち挑戦中の阪神熊谷、江越の打球に「すごい」

両打ち挑戦中の阪神熊谷、江越の打球に「すごい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

キャッチボールをする熊谷敬宥(2018年1月12日、奥田泰也撮影)

阪神ドラフト3位の熊谷敬宥内野手(22=立大)が12日、甲子園球場の室内練習場で行われた新人合同自主トレに参加し、フリー打撃を行っていた江越大賀外野手(24)の打球に目を奪われた。

「自分は(左打席で)あそこまで正面からのボールを(遠くに)打てない。すごいなあと思いながら見てました。早く前から来たボールを確実にとらえられるようにしたい」

熊谷は立大で右打ちだったが、ドラフト指名された直後からスイッチヒッターに挑戦中。同じく昨秋から両打ちに挑戦している先輩の姿に心を打たれ、一層の努力を誓っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
楽天藤田「143試合レギュラーで」今年は勝負の年
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
トマス外野手が169キロ!? スピード違反で逮捕
楽天・岡島 恩師の星野さんに誓う「一丸となって頑張りたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加