キャデラック、プロトタイプレースに復帰...14年ぶり

キャデラック、プロトタイプレースに復帰...14年ぶり

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

米国の自動車大手、GMの高級車ブランド、キャデラック。同ブランドが、14年ぶりにプロトタイプレーシングカーを製作し、北米のモータースポーツに参戦する。

これは11月30日、キャデラックが明らかにしたもの。「プロトタイプレーシングカーのキャデラック『DPi-V.R』を擁し、2017年シーズンのIMSAウェザーテックスポーツカー選手権に参戦する」と発表している。

キャデラックDPi-V.Rは、レース専用車。ただし、エンジンなど一部テクノロジーは、市販車から応用された。

例えば、6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、キャデラック『CTS-V』と、エンジンブロックが共通。市販車のCTS-Vとは異なり、スーパーチャージャーは付かない自然吸気ユニットだが、最大出力600hp/6800rpmを獲得する。

トランスミッションは「X-TRAC」のパドルシフト。車両重量は930kg。キャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長は、「14年ぶりに、誇りを持ってプロトタイプレースに復帰する」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
木村拓哉とさんまが共演NG?「さんタク」終了で見えてきた2人の笑えない現状
【知ってた?】500円玉の表裏面にはこんな秘密が隠されている!
若村麻由美が「黒い十人の女」で見せつけた「女優」と「タレント」の差
伊野尾慧にキスをおねだり!?TBS宇垣美里アナ、熱愛報道であの発言が再注目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加