「モンスターハンター」CG映像作品の製作が決定!

「モンスターハンター」CG映像作品の製作が決定!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/07/12
No image

「モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド」イメージ画像

カプコンは12日、同社の人気ビデオゲーム「モンスターハンター」の世界観を基にしたオリジナルCG映像作品「モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド」の製作を発表した。

「モンスターハンター」シリーズは、時に一人で、時に友人と協力しながら、ハンターとなって、雄大な自然のなかで巨大モンスターを狩るアクションゲーム。2004 年に1作目が発売されて以降、確実にファンを増やし、シリーズ累計販売本数は4,800万本を突破している(2018年3月5日時点)。

ゲームではあくまでユーザーが主人公だが、今回のCG作品では半人前の青年ハンターが成長していく姿を描く。カプコンとアメリカの映像製作会社イマジネーション・スタジオとの共同製作となり、2019年初めに全世界向けに公開される。プラットフォームや公開時期などの詳細については、まだ発表されていない。

同社では「ゲーム原作の世界観の魅力を踏襲した上で、映像作品としての追加要素や壮大なアドベンチャーにより、ゲームのコアファンのみならず新しいファンにも楽しめる作品を目指します」としている。

No image

「モンスターハンター」は、今年1月に発売されたゲームシリーズ最新作「モンスターハンター:ワールド」が世界的にヒットし、カプコンにおける単一タイトルとしては史上最高となる、出荷本数800万本(4月16日時点)以上を記録。ハリウッドにおける実写映画化企画も進行しており、同社の「バイオハザード」シリーズのように、日本だけでなく世界で受け入れられるコンテンツとして成長している。(編集部・入倉功一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『GRAVITY DAZE 2』オンラインサービス終了、外山圭一郎氏「本当に楽しませていただきました」とコメント
美少女化“呂布”を娘にして育てよう!育成SLG『Lu Bu Maker』Steam配信開始―日本語対応
セガ「艦これ」著作権侵害で「アビス・ホライズン」に配信差し止め申請
成人向けゲームブランド「sprite」活動休止 ネットではアノ飲み物と間違える人も
『3DS ウルトラサマーセール』後半の対象タイトルが判明!『ムジュラの仮面』や『リズム天国 ザ・ベスト+』など

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加