天才テリー伊藤対談「三浦大輔」(3)ここ数年で横浜の変化を感じました

天才テリー伊藤対談「三浦大輔」(3)ここ数年で横浜の変化を感じました

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2016/12/01
No image

テリー この25年を振り返ってみて、どんな野球人生でしたか?

三浦 98年に優勝を経験させてもらったり、ユニホームに日の丸をつけさせてもらったり、うれしいこともたくさんありましたけど、勝てなくてつらい時期のほうが多かったですね。

テリー 横浜は02年に最下位になると、そこから低迷期に入りますね。

三浦 優勝した時は20代後半の若い選手がたくさんいて、これから横浜の時代かなと思ったんですけど、みんなどんどん出ていってしまって、「あれ?」と思ったら2、3年でガタガタになりました。

テリー キャッチャーの谷繁(元信)さんも中日に行かれましたよね。あれはショックだったでしょう?

三浦 そうですね。ずっとバッテリーで、ホントにいろいろ教えていただいた方なので。その中で「あ、次はこの球種かな」みたいなことがだんだん理解できて、そこから勝てるようになったんです。そんな熟練のキャッチャーの方がいなくなるのは、やっぱりショックでした。

テリー よくキャッチャーを「女房」って言いますけど、まるで女房に逃げられた旦那みたいですね。

三浦 しかも同じセ・リーグですから。逃げられたと思ったら、「違う旦那と歩いてる!」みたいな感じでね(笑)。

テリー 08年は阪神への移籍話もありましたけど、あの時はどんな思いだったんですか?

三浦 やっぱり「もう一度優勝を経験したい」というのが大きかったんですね。関西が地元なので、「親父の近くで野球をするのも親孝行かな?」という思いもありましたし。

テリー でも、結局は残る決断を下します。横浜っ子は喜んでいましたよね。

三浦 やっぱり横浜を何とかしたかったんですね。ファンの方には、残ったことよりもチームが勝つことで喜んでもらいたいなと思いましたから、最後にCSまで行けましたので、少しは喜んでもらえたかな、と思っていますけど。

テリー 僕、中畑(清)監督が大好きなんですけど、あの方はどんな感じだったんですか。

三浦 本当に見たまんまですね。いつも元気がいいので、おかげでチームも注目されるようになって。

テリー でもキャンプの前に中畑さん、いきなりインフルエンザになって(笑)、それが新聞の1面になった時、こんなことがあるのかと思いましたよ。

三浦 ハハハ、でも中畑監督が来てからチームの雰囲気も明るくなりました。おかげさまで、キャンプにもお客さんが来てくれるようになりましたし、注目される中で練習すると、「ああ、ちょっときついな」と思ってからも、もうひとふんばりできるんです。そういうところから、少しずつチームの状態が上向いていったかな、と思います。

テリー 外から見ていると、采配に謎なところもけっこうありましたけど(笑)。でも、去年は前半戦を首位で折り返しましたからね。

三浦 そうですね、あれはすごかったです。でも、10ぐらいあった貯金が一気になくなったり(苦笑)。

テリー 本当にジェットコースターのような浮き沈みでしたよね。

三浦 でも、それまでは、そういう経験すらできなかったですから。今、横浜が変わりつつある、というのはずっと感じていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
日本ハム大谷、MLB25歳ルール適用「関係ない」
巨人の大補強は最終章へ!最速164キロ右腕カミネロ獲得決定的
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
大谷翔平が来オフにMLB行きを決断したらどうなる? 米メディアが解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加