日中佐官級交流6年ぶり再開 関係悪化で延期の中

日中佐官級交流6年ぶり再開 関係悪化で延期の中

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/18
No image

動画を見る(元記事へ)

自衛隊と中国人民解放軍の幹部による交流が6年ぶりに再開され、都内で17日に歓迎会が開かれました。

日本と中国の佐官級交流事業は、安全保障分野を担当する日中の国防関係者の交流促進と信頼醸成を目的に2001年から民間主導で始まりました。政府間の関係悪化で中国側が延期を申し出ていましたが、今年、6年ぶりに交流が再開されました。
防衛省・羽渕博行防衛課長:「今後、あらゆる分野、あらゆるレベルで交流を深めていって、相互の信頼を深めていくことが大切だと思います」
中国人民解放軍・慈国巍少将:「中日関係の未来は希望と機会に満ち、課題と挑戦も伴っている」
25人の人民解放軍訪日団は今後、仙台や浜松にある自衛隊の基地などを視察し、22日に帰国する予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
生活保護改正法案を可決、衆院厚労委 野党欠席のまま
山尾志桜里議員、不倫騒動が“泥沼化”へ!? 「永田町ではせせら笑われていますよ」
安倍首相、囁かれる「昭恵夫人と離婚&解散総選挙→自民圧勝」シナリオ
【報ステ】公用車で個室ヨガ通い...林大臣が謝罪
「国民の敵」小西洋之議員。よほど悔しかったんでしょうねぇ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加