22日の東京株式市場見通し=反落後、日経平均株価の5日線を意識する場面も

22日の東京株式市場見通し=反落後、日経平均株価の5日線を意識する場面も

  • モーニングスター
  • 更新日:2019/02/22
No image

予想レンジ:2万1200円-2万1500円(21日終値2万1464円23銭)

22日の東京株式は反落後、日経平均株価の5日線を意識する場面もありそうだ。同指数はきのう21日、取引時間中としては約2カ月ぶりに2万1500円台に乗せる場面もみられた。目先的な目標達成感や週末要因などから、手じまい売りが先行しそうだ。一方で、足元では5日線(21日時点で2万1276円)が、下値を支える格好で推移していることから、同線が意識される場面もありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円台の半ば(21日終値は110円76-77銭)、ユーロ・円が1ユーロ=125円台の半ば(同125円54-58銭)と小動き。21日のADR(米国預託証券)は円換算値で、コマツ<6301>、ソニー<6758>、ファナック<6954>などが、21日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、21日の大阪取引所終値比80円安の2万1360円だった。(高橋克己)22日の主な経済指標・スケジュール【国内】・ 8:30 1月消費者物価指数・14:00 1月粗鋼生産・IPO(新規上場)=識学<7049>(マザーズ)・探査機「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうに着陸予定【海外】(時間は日本時間)・10:30 中国1月70都市住宅価格・18:00 独2月Ifo景況感指数◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ スープラ 新型、ボディカラーは全8色に...米国仕様
大塚家具・久美子社長、中国系新オーナーから最後通告で崖っぷち...久美子派幹部が一斉退任
「戦犯企業製品」のステッカー=学校に義務付け条例案-韓国・京畿道
大人2人が並んで寝られる!プジョー『308 SW Allure BlueHDi』なら車中泊もできてスポーツドライブも楽しめる!
なぜサイゼリヤの客離れが止まらないのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加