桃田賢斗が2連覇達成 腹ばいでガッツポーズ

桃田賢斗が2連覇達成 腹ばいでガッツポーズ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/25
No image

男子シングルスで優勝し、ポーズを決める桃田賢斗

「バドミントン・世界選手権」(25日、バーゼル)

各種目の決勝が行われ、シングルスの男子で昨年初優勝した桃田賢斗(24)=NTT東日本=が、アンダース・アントンセン(22)=デンマーク=を2-0(21-9、21-3)で下した。世界ランキング1位の王者が同9位の相手に貫禄を見せつけて日本男子初の2年連続世界一を達成した。

最後は飛び込みながらシャトルを拾い、相手コートに落とした。連覇を決めた桃田は腹ばいになったままコートを連打してガッツポーズ。全身で喜びを表現し、ユニホームの胸元の日の丸を引っ張りキスした。

試合直後のインタビューでは「こんなにスムースに優勝できるとは思わなかった。みんなに支えられたおかげです」と感謝の言葉が真っ先に口をついた。2020年五輪に向けてどうコンディションを保つか尋ねられると「五輪に照準を合わせるんじゃなく、1試合1試合、応援に来てくださるファンのみなさんのためにも、全力で戦っていきたいと思います」と謙虚に語った。

桃田は24日にB・サイプラニース(インド)を2-0で下し、決勝に駒を進めていた。

女子ダブルスの永原和可那(23)、松本麻佑(24)組(北都銀行)も、福島由紀(26)、広田彩花(25)組(アメリカンベイプ岐阜)を破り2連覇を飾った。女子で17年大会覇者の奥原希望(24)=太陽ホールディングス=は銀メダルだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大坂なおみ 準々決勝の相手は天敵プティンツェワ 過去3戦全敗
大坂なおみ「私はすでに世界1位ではない」。だからこそ勝ちたいと意欲を見せる
大坂なおみ次戦相手は大の苦手“生地”で雪辱なるか
大坂なおみ「私にとって最愛の人だから」。父親がコーチであるメリット
大坂が8強入り、「序盤緊張」もストレート勝ち 東レPPO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加