【京都限定】本店でしか食べられない、珠玉の和菓子屋さん10選!!

【京都限定】本店でしか食べられない、珠玉の和菓子屋さん10選!!

  • 食べログまとめ
  • 更新日:2020/01/23

和菓子好きにとって、長い歴史の中で職人同士の切磋琢磨を通じて洗練されてきた京都の和菓子はやはり特別なもの。その中でも、百貨店や催事への出店が少なく、京都の本店に行かないと食べられない名店をまとめてみました。

更新日:2020/01/23 (2020/01/19作成)

京都の本店でしか食べられない和菓子を食べに行こう!

御所の貴人や三千家の家元達をはじめとする茶人達によって愛され、洗練されてきた京都の和菓子は、まさに食べる文化財。和菓子好きなら、このためだけに京都に観光しに来てもいいくらい。
もちろん全国の百貨店に名を馳せる老舗も美味しいけれど、せっかく京都に来たなら京都の、それも本店しかないお店で食べたいですよね。
ここでは、百貨店や大都市に支店を持たず、品質第一に和菓子と向き合ってきた名店を紹介していきたいと思います。

甘泉堂

No image

出典:yoshi800さん

祇園の夏の風物詩といえば、甘泉堂さんの水羊羹。路地裏に静かに佇むお店はまるで古刹のような威厳があります。
口に入れれば儚く溶けて、上品な甘味が口一杯に広がります。まさに水羊羹の最高峰。
上生菓子も逸品ぞろいです。

No image

出典:カフェモカ男さん

水羊羹に代わって秋から登場ずるのが栗蒸し羊羹。もっちりと蒸しあがった優しい甘さの餡に、ごろりと入った栗がたまりません。

甘泉堂(祇園四条/和菓子)

☆3.72

夜の金額:¥2,000~¥2,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:京都府京都市東山区祇園町344-6

TEL:075-561-2133

嘯月

No image

出典:ぴーたんたんさん

昔ながらの予約注文を守っていらっしゃる、名店中の名店。
繊細な上生菓子なので、観光スケジュール的に持ち帰りが難しい場合には、川端通り沿いにある「Cafe DOnG by Sfera」さんで、柳桜園さんのお抹茶とともに頂くこともできます。

No image

出典:ぴーたんたんさん

嘯月(北大路/和菓子)

☆4.02

夜の金額:-

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:京都府京都市北区紫野上柳町6

TEL:075-491-2464

緑寿庵清水

No image

出典:気まぐれミミィさん

創業170年の歴史を誇る金平糖一筋の名店。果物から牛乳、引いてはワインまで、様々な素材を金平糖にしていらっしゃいます。一粒食べれば果物など素材の味が口いっぱいに広がり、金平糖のイメージを覆してくれます。
最近ではTVでも多く取り上げられ、伊勢丹などの百貨店で果物の金平糖を目にすることも増えて来ましたね。本店でしか買えない、ジャージー牛乳、蕎麦の実を核にした黒糖、一番人気のサイダーなど更に驚きの金平糖が待っているので、ぜひ訪れてみてください。
<現在は銀座に支店もあるそうです>

緑寿庵清水(出町柳/和菓子)

☆3.75

夜の金額:-

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地の2

TEL:075-771-0755

塩芳軒

No image

出典:VOLVO850Rさん

「おまん」といえば塩芳軒さんといわれるくらい京都人に愛されている名店。最高級の丹羽大納言を丁寧に裏ごしした餡、四国の生産者から直接仕入れる和三盆など、原料にものすごくこだわっていらっしゃいます。

No image

出典:part2さん

純和三盆の御干菓子「雪まろげ」。
一粒一粒が感じられるくらい繊細に仕上げた和三盆は、口の中でほどけるとまるで粉雪のようにひんやりとした食感を与えてくれます。

塩芳軒(今出川/和菓子)

☆3.79

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:~¥999

住所:京都府京都市上京区黒門通中立売上ル飛騨殿町180

TEL:075-441-0803

先斗町駿河屋

No image

出典:forever friendsさん

駿河屋の流れを汲む先斗町の名店。本蕨粉100パーセントの「一口わらび」は、このお店の代名詞です。京都でもなかなか食べられない、本物のわらび餅を提供してくれます。

先斗町駿河屋(京都市役所前/和菓子)

☆3.60

夜の金額:-

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:京都府京都市中京区先斗町三条下ル材木町187

TEL:075-221-5210

松寿軒

No image

出典:てつ925さん

建仁寺や高台寺御用達の和菓子屋さん。
親しみやすい店構えながら、提供される上生菓子
は絶品の一言。

松寿軒(清水五条/和菓子、どら焼き)

☆3.71

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:~¥999

住所:京都府京都市東山区松原通大和大路西入弓矢町19-12

TEL:075-561-4030

霜月

No image

出典:奈鹿さん

西賀茂にある琥珀糖に木の芽(山椒)の葉とすりつぶした実をあしらった、木の芽琥珀は看板商品。平成3年創業と京都のお店としてはまだ新しく、チーズ大福など創作和菓子も積極的に手掛けていらっしゃいます。
確かな技量から紡ぎだされる生菓子は地元の方の信頼が厚く、もう一つの看板商品であるわらび餅などを求めるお客さんでいつも賑わっています。

No image

出典:TAK0923さん

わらび餅「里山」。本わらび粉100%の生地でこし餡を包んだ、わらび餅大福ともいうべき贅沢な一品。

霜月(北大路/和菓子)

☆3.51

夜の金額:-

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:京都府京都市北区西賀茂榿ノ木町5

TEL:075-491-5556

御倉屋

No image

出典:part2さん

手作業の和菓子にこだわり、多くの文豪や各界の著名人に愛されている名店。
看板である「夕ばえ」は白餡と卵黄を合わせた生菓子で、口の中でホロホロと繊細に崩れていきます。

No image

出典:カフェモカ男さん

店内でお抹茶と一緒にいただくことができるの嬉しいですね。

御倉屋(北大路/和菓子)

☆3.64

夜の金額:-

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:京都府京都市北区紫竹北大門町78

TEL:075-492-5948

中村軒

No image

出典:玉かずらさん

お餅と餡子といえば中村軒さん。
看板の麦代餅は伊勢丹で手に入ることもありますが、焼き立てのお餅が入ったお汁粉や、バリエーション豊かな生菓子は本店でないと味わえません。

No image

出典:yuyuyu0147さん

茶寮限定限定メニューに力を入れているのもポイント。
春夏は旬のフルーツをふんだんに使ったかき氷、冬は柚子窯に本葛の葛湯を流し入れた「かぜしらず」など、季節を通して楽しませてくれます。

中村軒(桂/和菓子、甘味処、かき氷)

☆3.79

夜の金額:-

昼の金額:~¥999

住所:京都府京都市西京区桂浅原町61

TEL:075-381-2650

出町ふたば

No image

出典:samasamaのココロさん

明治32年創業の、行列が絶えない名店。「名代 豆餅」(1個170円)は、大振りの富良野産の赤えんどう、十勝産小豆と素材にもこだわっています。京都の大丸や伊勢丹にも委託販売されていますが、本わらび粉を使ったわらび餅や、丹波の黒豆を贅沢に使った黒豆大福などは、本店でしか味わえません。

No image

出典:Hakoiriさん

お正月などの時期には近江産羽二重餅米100%のお餅が店頭に並びます。お店の餡を使った汁粉セットや、丹波産黒豆のきな粉も販売されるので、おうちで至高のお汁粉や焼き餅を味わうことができますね。
素材にとことんまでこだわったこちらお店ならではの楽しみだと思います。

出町ふたば(出町柳/和菓子、大福)

☆3.83

夜の金額:~¥999

昼の金額:~¥999

住所:京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236

TEL:075-231-1658

関連まとめ記事
京都の老舗甘味処+絶品生菓子が味わえる甘味処12選!!
https://tabelog.com/matome/13423/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ビッグマック』を“ひと言”で食べやすくする方法 最高すぎる...
だしが激旨、デート向き、出会いが期待できる、おいしいおでんが食べられる恵比寿の人気店10選
季節の変わり目で疲れた体が温まってじ~んわり美味しい参鶏湯4選
ハイボール90円&生ビール190円!?「博多ダルマ酒場」OPEN
ランチ、テイクアウト、食べ放題まで!錦糸町で見つけた人気寿司店10選

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加