【報ステ】『森友文書』新たに“食い違い”浮上

【報ステ】『森友文書』新たに“食い違い”浮上

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/14
No image

動画を見る(元記事へ)

国会では13日、“森友問題”をめぐって追及が行われた。佐川前理財局長はこれまで「(森友側との)面会記録は廃棄している」と繰り返し答弁していたが、財務省が先週、公表した文書には、面会するなどしたやり取りの経緯をまとめたものが入っていた。これについて、麻生財務大臣は「相手方の主張や当方の考え方が含まれているが、いわゆる面会記録ではない」と述べた。また、佐川氏が「(契約了承前に)価格を提示することはない」と答弁していたが、森友側と契約前の日付の文書に「鑑定結果が出たことから、学校法人を訪問し、国の貸付料の概算額を伝える」と書かれていたことについて、麻生大臣は「賃料の算定方法について説明したが、具体的な金額を提示したことはない」と説明した。一方、資料をすべて出しているのかを問われた麻生大臣は「要請があり、該当する資料があれば、今後も提出に向けて努力する」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「全NPOが泣いた!」国会質疑2018:山本香苗 vs 世耕弘成
【報ステ】調査は「不適切だった」厚労省が謝罪
岸田文雄政調会長、総裁選対応「予算成立後に」判断
安倍首相も真っ青? 憲法改正「年内発議」が絶対ムリな理由
「私はまるでダース・ベイダー」...再編の足かせ扱いされる希望の党・細野豪志元環境相の憂鬱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加