【報ステ】保険適用へ...白血病治療1回3349万円

【報ステ】保険適用へ...白血病治療1回3349万円

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/05/16
No image

動画を見る(元記事へ)

厚生労働省は15日、白血病などに対する新薬『キムリア』を公的な医療保険の適用対象にすることを決めた。キムリアは、患者自身の免疫システムを利用する新たな治療法の薬。仕組みは、患者の血液から免疫細胞を取り出し、遺伝子操作でがん細胞への攻撃力を高めた細胞へと改変する。その改変した細胞を患者の体内に戻すと、がん細胞を見つけ出し死滅させる働きをする。キムリアの投与は1回で済む。治療費は3349万円に設定された。対象となる患者は、年間200人余りと見込まれていて、市場規模は72億円。患者は、このうち一部を負担するが、一定額を超えた分は医療保険で賄われることから、医療保険財政への影響も懸念されている。治験を受けた患者は「命を救ってくれて日常生活を取り戻させてくれた。とてもありがたい」と話す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
火星から「水が消えた理由」をモスクワの研究チームらが解明
DNA製造をより速くそしてより簡単に、DNA Scriptが42億円強を調達
「高齢運転者用トレーニングアプリ」開発!6週間で運転技能・認知力アップ 東北大
1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる(スイス研究)
梅毒は「ドイツではフランス病」「フランスではイタリア病」「オランダでは...」歴史的に「他国の国の病気」とヨーロッパ各国が名前を付けていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加