投資にまつわる先人の名言に感謝しよう

投資にまつわる先人の名言に感謝しよう

  • WSJ日本版
  • 更新日:2016/11/30
No image
No image

多くの投資家にとって厳しく、ストレスに満ちた1年の終わりを迎えるに当たって、われわれが投資家としていかに恵まれているかを考えてみたい。

まず、今年の経済や政治のニュースとそれに対する米国の株価の反応を見てみよう。意外なことに、S&P500種株価指数は配当込みで年初から10%も上昇している。こうした状況は長くは続かないかもしれないが、それをあざ笑うのは恩知らずというものだろう。

低コストで投資できることにも感謝しなければならない。

筆者がミューチュアルファンドについて初めて記事を書いた1992年当時、ファンドに投資するには8%の販売手数料がかかることが多く、年間の費用は運用資産の1%を超えるのが普通だった。こうしたファンドに1万ドルを費やしても、実際に投資に回るのは9200ドルで、その上、少なくとも年間100ドルの費用を支払う必要があった。

しかし今は手数料なしで、年間費用が運用資産の0.03%という上場投資信託(ETF)を購入することができる。1万ドルを投じれば9997ドルが投資に回る。小口投資家の個別株の売買コストもゼロに近づいた。

好きなだけ無料で学べる先人の知恵

筆者が個人的に一番感謝しているのは、賢明な人々や先人から好きなだけ、しかも無料で学ぶことができることだ。

個人投資家の醍醐味は多数派に従うのではなく、自分で考える自由があることかもしれない。

偉大なアナリストであり投資家だったベンジャミン・グレアム氏は著書「賢明なる投資家(原題:The Intelligent Investor)」(1949年)の中で、「多数派と意見が異なるからといってあなたが正しいわけでも間違っているわけでもない。あなたが正しいのはあなたのデータと推論が正しいからである」と記した。

筆者は2002年から翌年にかけて同著の改訂版を編集した際に、グレアム氏から他にもいくつか永遠の真理を学ぶことができた。

投資は自分と市場の戦いだと言われることが多いが、グレアム氏はこう書いた。「投資家の最大の問題であり最大の敵は自分自身だろう」

嘘偽りなく自分自身を評価することは、少なくとも投資を正確に評価することと同じくらい重要である。投資家として自分の限界を知る努力をしなければ、どれだけ市場から学んでも意味はない。感情に駆られて墓穴を掘ることになるからだ。

株はただ紙切れではなく、現実に存在するビジネスの所有権を細かく分けたものであり、根底にある価値は1日のうちに何千回も変動することはない、ということもグレアム氏が教えてくれた。

株価はグレアム氏が言うところの「ミスターマーケット」の気分次第で決まる。ミスターマーケットが望むタイミングで取引をする必要はない。自分がしたいときだけ取引をすればいい。

筆者は2006-07年に、心理学者でノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン氏の「ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?(原題:Thinking, Fast and Slow)」の執筆に協力した。

「最も重要な問いは『ベースレートはどこか』だ」。カーネマン氏にはこの言葉を教えてくれたことに特に感謝している。

つまり、結果を予想する場合、直感に頼るべきではない、できるかぎり長期で多様なデータに基づいて、過去に類似したケースがどのくらいの頻度で起きたのかというベースレートを算出しなさい、ということだ。

クレディ・スイスのストラテジスト、マイケル・モーブッサン氏はこれをヒントに、企業のあらゆる尺度についてベースレートをまとめた。これを使えば投資家は企業の予測が現実と乖離(かいりしているかどうかを簡単に確認できる。

富は市場からの贈り物ではなく借り物

経済学者で投資に関する著作のあるピーター・バーンスタイン氏からは、自分が正しい確率はどのくらいかということだけでなく、間違った場合の悲惨な結果も検討しなければならないということを学んだ。

バーンスタイン氏は、富が市場からの贈り物ではなく、借り物であることも教えてくれた。下げ相場が数カ月続けば、上げ相場の時に何年もかけて築き上げた利益が全て吹き飛ぶことがあるからだ。バーンスタイン氏は、確実に思えるようなときでも先のことは分からないと言い続けた。

こうした先人を知らなくても残してくれた知恵に感謝はできる。生物学者のリチャード・ドーキンス氏が1996年に指摘したように、今を生きるわれわれは世の中について、2300年以上も前の賢人、アリストテレスをしのぐ知識を持っている。ドーキンス氏が言う通り、「科学は積み重ねであり、われわれはのちの時代を生きている」からだ。

投資に関する知識も積み重ねである。われわれは皆、その仕組みを学び、それを教えてくれた人々に助けられている。そのことに感謝すべきである。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「世の中ウソばっかり!」決定的に何かが間違ってる例いろいろ
くまモンのハンコができたモン! かわいくて寄付もできちゃう「くまずかん くまモンバージョン」が登場!
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
女として見れねぇ......! 「幼児体型な女性」の特徴6つ
老舗温泉ホテルの熾烈な価格競争 1泊2食で6000円以下も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加