子どもの性犯罪防止訴えた会社社長が買春、懲役1年求刑

子どもの性犯罪防止訴えた会社社長が買春、懲役1年求刑

  • TBS News i
  • 更新日:2016/12/02
No image

子どもの性犯罪防止訴えた会社社長が買春、懲役1年求刑

女子中学生にわいせつな行為をした罪に問われている教育コンサルタント会社社長の男の初公判が開かれ、男は起訴内容を認めました。

平川貴之被告(35)は今年9月、東京・練馬区のホテルで中学3年の女子生徒(当時15)が18歳未満であることを知りながら、現金4万円を渡す約束をしてわいせつな行為をした罪に問われています。

1日の初公判で、平川被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。平川被告は、子どもの性犯罪の防止を訴える活動をしていましたが、被告人質問で、他にも18歳未満の少女に数回、現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたと明らかにしました。

検察側は、「同種犯行の常習性がある」として懲役1年を求刑。弁護側は、「反省し、社会的制裁を受けている」と執行猶予付きの判決を求めました。(01日18:45)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
トレーラー横転 隣の車が産廃の下敷きに
「駆け付け警護」実施部隊に一日8000円支給へ
「室内から異臭が...」アパートに男女の遺体 親子か
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加