最新ランキングをチェックしよう
生田斗真が”絵になる”理由は顔立ちだけではない 『先生!』『ロズギル』で見せた柔らかなアプローチ

生田斗真が”絵になる”理由は顔立ちだけではない 『先生!』『ロズギル』で見せた柔らかなアプローチ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13

絵になるなあ……!

生田斗真の出ている作品を観るたび、やや日本人離れした立体的な顔立ちに感嘆する。

だが、この場合の“絵になる”は、その顔立ちによってひとりだけ際立っているということよりも、作品世界にものすごく馴染んで溶け込んでいるということだ。例えば、心地よさそうな部屋のなかで編み物をする『彼らが本気で編むときは、』(17年)、殺風景な部屋で精神鑑定を受けている『脳男』(13年)、大正末期か

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『ハゲタカ』、『半沢直樹』の猿真似...もはやNHK版を冒涜、綾野剛が最低のミスキャスト
広瀬すず、朝ドラ『なつぞら』共演・松嶋菜々子の「恐怖のイビり」で“アノ癖”が完治する!?
コストコ大好きママ イチ押し!「絶対リピ買いしちゃう商品」5選
【検証】小池都知事が「首に濡れタオルを巻くと良い」と勧めていたので、首に巻いて外で1時間仕事をしてみた
ローラ「過激な水着ボディ」写真を披露してセクシー強化の意図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加