最新ランキングをチェックしよう
生田斗真が”絵になる”理由は顔立ちだけではない 『先生!』『ロズギル』で見せた柔らかなアプローチ

生田斗真が”絵になる”理由は顔立ちだけではない 『先生!』『ロズギル』で見せた柔らかなアプローチ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13

絵になるなあ……!

生田斗真の出ている作品を観るたび、やや日本人離れした立体的な顔立ちに感嘆する。

だが、この場合の“絵になる”は、その顔立ちによってひとりだけ際立っているということよりも、作品世界にものすごく馴染んで溶け込んでいるということだ。例えば、心地よさそうな部屋のなかで編み物をする『彼らが本気で編むときは、』(17年)、殺風景な部屋で精神鑑定を受けている『脳男』(13年)、大正末期か

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『第90回アカデミー賞』日本人2人がノミネートの快挙
パパがシャイな息子のためにイラストをお弁当袋に描き続けた結果 / クオリティ高すぎる!! と話題に
『あゝ、荒野』に涙。この“事件”を体験してほしい
第90回アカデミー賞ノミネーション発表!『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門で候補に
アカデミー賞ノミネート、デル・トロ作品が13部門

映画のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加