ジョコビッチVSフェデラー ウィンブルドン決勝は頂上決戦

ジョコビッチVSフェデラー ウィンブルドン決勝は頂上決戦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/07/14
No image

男子シングルス準決勝でナダルに勝利し、ガッツポーズするフェデラー(共同)=12日

「テニス・ウィンブルドン選手権・決勝」(14日、ロンドン)

男子シングルスの決勝が、第1シード、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(32)と、第2シード、世界ランク3位のロジャー・フェデラー(37)の対戦で行われる。テニス史上最高の選手とも称されるフェデラーと、現世界ナンバー1のジョコビッチという頂上決戦となる。

フェデラーはウィンブルドンで史上最多8回の優勝を誇ることから、“芝の帝王”とも呼ばれる。ただ、フェデラーの場合はサーフェイスによらず力を発揮する。多彩なショットでさまざまな局面からウィナーを狙える攻撃力は37歳となった今でも世界最高クラスで、錦織圭も準々決勝で屈した。

対するジョコビッチは昨年のウィンブルドン王者。直近の四大大会では準決勝で敗退した今年の全仏オープン以外で3連勝と、圧倒的な力を発揮している。芝の上を滑るように足を運び、広範囲のボールを確実に打ち返す。また、ウィンブルドンの決勝戦に限ると14年と15年の2年連続でフェデラーに勝利している。

両者の対戦は今シーズンは初めて。いずれにしても、最高峰の舞台で、最高峰の対決が繰り広げられることは間違いない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京五輪まで1年】タカマツペア 「フクヒロ」「ナガマツ」に次ぐ3位から逆襲だ
バド世界ランク1位のフクヒロ組が快勝 東京五輪まで1年も「1戦1戦という気持ちで」
ディミトロフ 世界405位に敗戦
王者・桃田賢斗 東京五輪仕様でストレート発進  金メダルへの予行演習
大坂なおみ、東京五輪「金メダルを獲得することを考えている」。開催まであと1年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加