重岡大毅がドヤ顔、菅田将暉の演技は「海ドボン」

重岡大毅がドヤ顔、菅田将暉の演技は「海ドボン」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

映画「溺れるナイフ」完成披露試写会で気勢を上げる菅田将暉(左)、小松菜奈(撮影・丹羽敏通)

俳優菅田将暉(23)女優小松菜奈(20)が18日、東京・有楽町朝日ホールで行われたダブル主演映画「溺れるナイフ」(山戸結希監督、来月5日公開)の完成披露試写会に出席した。

撮影は昨年9月から10月にかけて17日間、和歌山で行われた。2人が海に浮かびながら抱き合うシーンもあった。菅田は「下にダイバーさんがいて安全は保証されているものの、台風が迫っている海の中でやるのはなかなかない経験でした」と話し、小松も「制服を着ていて、実は浮かんでこないようにおもりもつけているので、ちょっと怖かったです」と明かした。

海のシーンについて、共演のジャニーズWEST重岡大毅(24)は「すごいよかったですよ。『壁ドン』ならぬ、『海ドボン』みたいな?」と話し、ドヤ顔で決めポーズ。さらに「甘い、だけじゃないシーンですよね。海水だけにね!」と立て続けにジョークを飛ばし、笑いを誘っていた。

女優上白石萌音(18)、主題歌「コミック・ジェネレイション」を歌うロックバンド、ドレスコーズのボーカルで、本編にも俳優として出演している志磨遼平も登壇した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
成宮寛貴コカイン吸引報道の裏に業界のねたみ
「スマスマ」香取慎吾のやる気のなさに視聴者から「甘ったれるな」の呆れ声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加