マーベル新作「ブラックパンサー」サントラをケンドリック・ラマーがプロデュース

マーベル新作「ブラックパンサー」サントラをケンドリック・ラマーがプロデュース

  • 映画.com
  • 更新日:2018/01/13
No image

グラミー歌手ケンドリック・ラマーが参戦!

2016年のグラミー賞で5冠を達成した実力派ラッパー、ケンドリック・ラマーが、マーベル新作「ブラックパンサー」のサウンドトラックを全面プロデュースすることがわかった。

本作は、漆黒のスーツを身にまとって戦う謎めいたヒーロー、ブラックパンサーを主人公にした単独映画。その正体は超文明国ワカンダの若き国王ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)で、亡き父に代わり王国を統治し、王国が抱える“秘密”を守るヒーローとしても活躍する姿を描く。

監督は「フルートベール駅で」「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラー。米Pitchforkによれば、クーグラー監督がラマーに本作のサウンドトラックを依頼したとのことで、ラマーと所属レーベル、トップ・ドーグ・エンターテイメントCEOのアンソニー・“トップ・ドッグ”・ティフィスが、アルバムのキュレーションとプロデュースを担当することが決定した。

「ブラックパンサー:ザ・アルバム」は、ラマーがSZA(シザ)とコラボレートした新曲「オール・ザ・スターズ」をはじめ、映画の劇中で使用される楽曲や、映画にインスパイアされた楽曲で構成される。クーグラー監督とラマー、ティフィスの3人は、映画の各場面で必要な音楽を一から制作したという。なお、ミュージックシーンをにぎわす旬のアーティストによるオリジナル楽曲を多数起用するのは、マーベル・スタジオ初の試みだ。アルバムはデジタル予約受付中。

映画「ブラックパンサー」は主演チャドウィック・ボーズマンのほか、ルピタ・ニョンゴマイケル・B・ジョーダンダナイ・グリラマーティン・フリーマンダニエル・カルーヤアンディ・サーキスフォレスト・ウィテカーが出演。2月16日から全米公開、3月1日から日本公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これはひどい。仕事を選ばない男、ニコラス・ケイジがもっと仕事を選ばなかったらこうなってしまう写真集
アカデミー賞ノミネーション発表!ギレルモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門【第90回アカデミー賞】
何ちゅう発想! 鉛筆の音だけで『スター・ウォーズ』のテーマ曲を奏でる動画が天才すぎる
アカデミー賞ノミネート、デル・トロ作品が13部門
『第90回アカデミー賞』日本人2人がノミネートの快挙

映画のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加