DeNA高田GM、人的補償「いい人がいたらとる」

DeNA高田GM、人的補償「いい人がいたらとる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

DeNA高田繁GM(写真は2016年5月27日)

DeNA高田繁GM(71)は、山口俊投手(29)の巨人へのFA移籍を冷静に受け止めた。

1日、横浜市内の球団事務所で、同GMは「もちろんいい人がいたらとる」と人的補償を視野に入れながら「(巨人のプロテクト)リストを見てから」と明言を避けた。今後は契約締結選手として山口がコミッショナー公示されてから2週間以内に、人的補償の対象にならないようプロテクトされた記載名簿が、巨人からDeNAへ提出されることになる。

「将来性ある若手、すぐにチームの戦力になる人が入っていれば。見てみないと分からない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
大型補強の巨人 ささやかれる“オリックス化”の懸念
陽も巨人決定的!4年10億 史上初FA3人獲り
【球界ここだけの話(748)】ヤクルト残留が決まったバレンティン 大砲を支えた心のヒーロー
巨人4番候補ゾロゾロ打線「坂本は十分候補になる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加