ピース又吉、NMB48渋谷凪咲と親友になれた?しずる村上がツッコミ

ピース又吉、NMB48渋谷凪咲と親友になれた?しずる村上がツッコミ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/10/13
No image

実はけっこうしゃべる男・ピース又吉

お笑いコンビ・ピース又吉直樹が13日、京都市内で開催中の京都国際映画祭2017で上映された主演映画『海辺の週刊大衆』の舞台あいさつに登壇、共演した後輩のお笑いコンビ・しずる村上純からテレビのイメージとは異なる素顔を暴露される一幕があった。

『海辺の週刊大衆』は、作家・せきしろの同名小説を、又吉を主演に迎えて映画化。無人島に取り残された男(又吉)が、砂浜にあった雑誌「週刊大衆」1冊をお供に助けを待つ様子を、男の妄想や過去の記憶を交えながら描いたサバイバルドラマで、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当した。

この日の舞台挨拶には、又吉と村上のほか、ヒロイン役を務めたNMB48渋谷凪咲太田勇監督が登壇。司会者からプライベートと映画の又吉の違いを問われた村上は「又吉さんは寡黙なイメージがありますが、普段しゃべらない分、後輩といる時は饒舌。そして誰よりも顔芸をします」と又吉の意外な一面を暴露。又吉が「人間、一日に動かす表情の量って決まっていて……」ととぼけると、村上は「3年前に又吉さんの中で流行っていたのがクリス松村さんの顔マネでした」と明かし、場内の笑いを誘った。

No image

微妙な距離感? NMB48渋谷凪咲とピース又吉

また本作で初めて演技に挑戦した渋谷が「撮影が終わる度に放心状態でした」とヒロイン役のプレッシャーを吐露すると、又吉は「実際に共演するシーンは少なかったですけど、撮影後は親友みたいな感じになりました」とコメント。すかさず村上が「楽屋でずっと敬語だったじゃないですか!」とツッコむ場面も。

一方、テレビ東京でディレクターとして人気番組を担当している太田監督は「予算が厳しくて、僕が担当している『Youは何しに日本へ?』の1回分の制作費より少なかったんです……」と製作の内情を告白。又吉は「予算の少なさはなんとなく気付いていて、現場には僕が暖をとる火さえなかった」と現場への不満をぶっちゃけ、笑いに変えていた。(取材・文:スズキヒロシ)

京都国際映画祭2017は10月15日まで京都市内各所で開催中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビートたけしが「唯一勝てないと思った芸人」を激白 ファンからも納得の声
高橋克典、断食で11キロダイエットに成功「ほうれい線も消えた」
清水良太郎、「キメセク常習疑惑」「電マ性癖」醜態の数々――風俗嬢の暴露で「復帰はアウト」
やる気ゼロ「おかげでした」出演の筧美和子に批判集中
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加