犬の心が離れてしまうNG行為4選

犬の心が離れてしまうNG行為4選

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2019/04/19
No image

犬の心が離れてしまうNG行為1:怖がらせる

No image

生活している上で突拍子もなく大きな音を出してしまうことは仕方のないことです。
とはいえ、その音にワンちゃんが怖がってしまっているならば気をつけないとワンちゃんが臆病な性格になってしまうかもしれません。

生活音の例として、テレビの音や声の大きさ、物を置くときや戸を開閉するときの音などです。

その音が発した時に飼い主さんが近くにいたり、あるいは飼い主さんから発せられてた場合、ワンちゃんがその音を嫌がっていたら飼い主さんに近づくことを恐れてしまい、距離を置かれ次第にワンちゃんの心が離れてしまいます。

犬の心が離れてしまうNG行為2:暴力を振るう

No image

これはどんな理由があろうとしてはいけない行為です。暴力に近い行為として「しつけ」があります。
暴力としつけは紙一重の関係かもしれません。
しかし、しつけと言っても叩くなどの暴力行為をしてはいけません。

また、暴力の例としても叩くだけではなく、ボールなどで遊んでいる時にワンちゃんが怖がるぐらいの勢いでワンちゃんの方に物を向けたりすることも飼い主さんとしてはそんなつもりがなくてもワンちゃんからしたら暴力のように感じてしまうかもしれません。

小さいお子さんがいる場合も加減のわからない場合ワンちゃんを強く引っ張ったりしてしまったら、一緒に遊ぶことを恐れ近くに寄らなくなってしまいます。

飼い主さんが平気だと思っていてもワンちゃんとは感じ方が違います。
その時のワンちゃんの反応をみてきちんと判断しないとNG行為1の怖がらせるに近いですが、ワンちゃんが嫌だと感じてしまい次第に飼い主さんに対し心が離れてしまいます。

犬の心が離れてしまうNG行為3:無視する

No image

ワンちゃんから遊んでほしいサインなどの要求があったときに、無視しがちになってしまうとワンちゃんは寂しさを募らせてしまいます。

それが習慣化してしまうとワンちゃんは自分で自分なりの遊び方を見つけ気を紛らせるようになります。

しかし、それには飼い主さんが遊んでくれないからこそ自分で何とかしたワンちゃんの強い気持ちがこもっていると思います。
そうなってくるとワンちゃんはわざわざ飼い主さんと遊ぶ必要がないと判断し、飼い主さんが遊ぼうと誘っても以前ほど喜ばなくなってしまい次第に心が離れていってしまうかもしれません。

犬の心が離れてしまうNG行為4:厳しすぎるしつけ

No image

ワンちゃんがイタズラをしてそれを飼い主さんがダメと注意をしたらどんな子でも時間をかければ理解すると思います。

しかし、それが声を荒げて怒鳴りつけたり、体を叩いたり引っ張ったりと物理的にするような厳しいしつけだとワンちゃんは飼い主さんのしつけという行為を、悪いことをしたから怒られているのではなく、怖いことをされていると感じてしまうかもしれません。

まとめ

No image

いかがでしたでしょうか。
犬の心が離れてしまうNG行為として、

怖がらせる

暴力を振るう

無視する

厳しすぎるしつけ

の4つを紹介してみました。ついやってしまうことや、このような行為をしている飼い主さんを見かけたことはあったでしょうか?
我々愛犬家はこれらの例の行為をしないように心がけて、愛犬の心を掴めるようになりたいですね!

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬のお留守番は何時間までが理想的?

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
ミニレッキス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アフリカの対密猟者部隊の自撮り写真に世界の人が「いいね!」 「彼らは我々の兄弟だ」
危機一髪!バック走行の車にチワワがひかれそうになるその瞬間!ボーダーコリーが咄嗟の判断で無事チワワを救出
使った人の表情を変えてしまうマグカップが登場
豪快な右フックを決めるムキムキの柴犬 躍動感あふれる姿がSNSで大反響、実は怖がりで甘えん坊な女の子
猫がやっちゃいけないと知っている7つの事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加