ダノンチャンス勝負の連闘だ/西部日刊スポーツ杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10

日曜小倉10Rの西部日刊スポーツ杯(1000万、ダート1000メートル)でダノンチャンス(牡3、中内田)が勝負の連闘をかける。

先週は初めてのダートと距離をものともせず、今回と同じ舞台で3馬身半差の圧勝。いったん栗東へ戻って状態を確かめ、連闘に踏み切った。福永助手は「昨日と今日(9、10日)乗ってみて問題ないし、カイ食いが落ちる馬でもない。厩舎にいる感じではダメージはなさそう。前回は距離が良かったのでは」と適性に期待する。ダート1000メートルの特別レースは今開催で唯一。持ち前のスピードを見せる絶好の舞台だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ワーストだヨ!今まで体験した「史上最悪なエッチ体験」5つ
広陵・中村、清原超え6本塁打!初回2ランに続き5回ソロで大会記録更新
クッキングペーパー1枚だけ! ズボラ男子のためのかんたんすぎる晩酌レシピ【料理ハック】
少年ジャンプ編集部、騒然 「スマホと指で描いた漫画」がルーキー賞 新人漫画家あつもりそうさんの素顔
主演作連発も『東京喰種』『ジョジョ』大コケで......“独立独歩”スターダストの正念場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加