トヨタ、新ナビアプリの無料提供を開始...独自の交通情報を常時掲載

トヨタ、新ナビアプリの無料提供を開始...独自の交通情報を常時掲載

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

トヨタ自動車は、スマートフォン向け新ナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」の提供を、12月1日より無料にて開始する。

トヨタはこれまで、スマートフォン向けナビアプリとして、車載通信機(DCM)などを通じて車両から収集されたビッグデータに基づく、トヨタ独自の渋滞情報「Tプローブ交通情報」を掲載し、渋滞を回避するルートを案内する「T-Connectスマホアプリ」を年間2500円で提供してきた。一方、災害時の救援活動支援を目的に、同じくビッグデータに基づく通行実績情報を「通れた道マップ」として、無料でWebサイトにて公開し、スマートフォンでの閲覧も可能としている。

今回、提供を開始するTCスマホナビは、従来のナビ機能の視認性・操作性を向上。Tプローブ交通情報や通れた道マップを常時表示するほか、交差点での拡大図表示や交差点名の読み上げなど、見やすい地図とわかりやすい音声によってルートを案内する。

さらに大規模災害発生時には、通れた道マップに「被災地の航空写真」を表示できるほか、来夏には通れた道マップを反映したナビゲーションのルート探索機能を追加するなど、災害対策機能を強化する。

またTCスマホナビは、外部の様々なサービス事業者とオープンに連携する場としても活用を進めていく計画。第1弾として、駐車場シェアリングサービスのakippaと連携し、駐車場の検索・予約、駐車場までのナビゲーションを提供する。さらに今後は、パーク24が展開する同様のサービスとも連携を進める予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自転車でiPhoneを充電!ペダルも重くならないチャージャーが発売!
モバイルにおけるクラウドストレージのシェアが判明、他を圧倒するダントツなサービスは?
日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
カセットテープからSDカード&USBメモリに録音OK!東芝、CDラジオカセットレコーダー発売へ
このメガネ、ヘッドホンなんです...骨電動ユニットを内蔵した「Vue」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加