葵わかな「わろてんか」私たちの寄席小屋19・3%

葵わかな「わろてんか」私たちの寄席小屋19・3%

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

NHK連続テレビ小説「わろてんか」ヒロイン葵わかな(右)と松坂桃李

女優葵わかな(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「わろてんか」(午前8時)の10日放送第35話の平均視聴率が18・9%、11日放送第36話が19・3%(ともに関東地区)だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は第3話の22・3%。

同ドラマは明治から昭和初期の大阪を舞台に、笑いをビジネスにしたヒロイン藤岡てんの活躍を描く。吉本興業創業者の吉本せいがモデル。

葵は、3度目の挑戦となったオーディションで、応募2378人からヒロインに選出。12~14年までアイドルユニット「乙女新党」のメンバーだった。

あらすじは、ようやく小屋を譲り受けた藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)だったが、小屋を買いたいという芸人元締め男(矢野大樹)が現れ、3日後までに500円を用意しないと小屋はその男の手に渡ることに。窮地に追い詰められたてんは、一大決心をして勘当された京都の実家に戻る。最初は耳を貸さなかった儀兵衛(遠藤憲一)だが、2人の寄席への熱意に心を動かされ、お金を工面する。こうして藤吉とてんは念願の寄席小屋を手に入れる、という内容だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テレ東、日曜ビッグでお宝発見?ゴミ屋敷から3000万円ロールスロイス
『イッテQ』イモト&内村渾身のインスタ 「泣けた、笑った」と大反響
『陸王』の撮影秘話&裏話、教えます!
新SMAP「新しい地図」、強力な“助っ人”の登場で一気に露出度高める可能性! 業界注目のしたたか戦略とは?
とんねるず、ナイナイ終了 後番組は「元SMAP3人の旅モノ」か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加