福留が八回に同点タイムリー

福留が八回に同点タイムリー

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

8回阪神無死二塁、同点の適時内野安打を放つ阪神・福留=横浜スタジアム(撮影・出月俊成)

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム)

阪神・福留が起死回生の同点タイムリーだ。

0-1の八回。先頭の西岡がパットンの149キロ直球をはじき返し、右翼線へ二塁打。続く主将はカウント1ボール2ストライクと追い込まれながら、低めに沈み込む変化球をスイング。打球は助っ人右腕の足元を襲い、白球が右翼前へ転々としている間に二走・西岡が同点のホームを駆け抜けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[UAチャレンジカップ]MF河合の決勝点で慶應義塾志木が宜野湾に競り勝ち2連勝(20枚)
[UAチャレンジカップ]試合で足をつらなくなるには?栄養講習会で学ぶ身体づくり(8枚)
[UAチャレンジカップ]正しい走り方に必要な“3要素”とは...?DAHトレーニング講習(16枚)
3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?
ハム西川が会心の6号満塁弾、2か月半ぶり3連勝に「久々で本当にうれしい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加