キャバ嬢たちが年末に“整形休暇”を取る理由

キャバ嬢たちが年末に“整形休暇”を取る理由

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2016/11/30
No image

忘年会シーズンの飲食店は予約を取るのが難しいほど混み合うが、忙しくなるのはキャバクラも同様。年末は店で働くキャバ嬢たちにとっても1番の稼ぎ時である。が、それにもかかわらずこの時期に一週間程度突然休暇を取るキャバ嬢がいることをご存知だろうか。

◆年末休むキャバ嬢が整形してる理由

「そういう女性は、里帰りではなく『整形休暇』を取っている可能性があります」

こう語るのは、過去3店のキャバクラを渡り歩き、自身も美容整形を3回繰り返している湯島のキャバ嬢・美緒さん(21歳)。

「年末は1年間で最もお店が混む時。出勤しないとペナルティが発生する店もあるほどです。にも関わらず女の子が休むのは、その時期しか整形ができないからです」

整形手術自体は、大掛かりでない限り1日で終わる。だが、手術後から腫れが引くまでの「ダウンタイム」という時間があるため、ある程度まとまった時間を確保する必要が出てくる。特に、日中はOLとして働いている“OLキャバ嬢”の場合、長期休暇を整形の時間に充てるしかない。

「私がしたのは“プチ整形”と言われる埋没式の二重整形でしたが、3、4日は腫れが目立ちました。メスを入れる切開式の二重整形と鼻の整形をした同じお店のコは、一週間以上のダウンタイムが必要だったようです」

整形後は紫外線を避けなくてはならないこともあり、腫れが引くまでマスクで顔を隠すことを考慮すると、夏季休暇よりも年末の整形が好まれるのも頷ける。

◆なぜ年末は整形しやすいのか

しかし、客には整形するとは言えないため、「帰省」という年末らしい当たり障りのない理由が出現することになる。

「私の場合は、埼玉出身ということをお客さんも知っているので、『母親の実家』で入院している祖母に会いに行くことにしました」(美緒さん)

事実、帰省したはずのキャバ嬢が整形顔になっていたという声は多く聞かれる。

「『実家が浦和だから里帰りは関係ない』って毎年30日まで出勤していた昼職兼業のコが、去年は昼職が休暇に入った日から休み始めました。年明け、明らかに二重の幅が広がっていた」(24歳・萌・池袋勤務)

「親と仲が悪いと言っていたはずなのに、帰省する子もいましたね。私の店は容姿レベルの高さで有名で、半分くらいいじってます。整形デビューはキャバ嬢を始めて1年目の冬が一番多いですね。整形する子は貯金したらすぐにするし、しない子はずっとしない」(26歳・結以・歌舞伎町勤務)

「月曜以外は毎日入る鬼出勤してる子がクリスマスから年末まで休んだことがあったんです。親の介護で実家に戻ると言っていたので、意外と真面目なんだなと思っていたら、プロテーゼ(鼻の整形に使われる人口軟骨)を入れてました。まあ、手術後に親の介護もしていたかもしれないのでウソではないのかもしれないけど…」(23歳・由加里・上野勤務)

キャバ嬢たちの声をまとめると、整形しているキャバ嬢のチェックポイントは以下の4点に集約される。

□22歳未満・またはキャバデビューから2年以内
□実家が都市近郊(遠くない)・または疎遠
□普段の出勤が週5以上
□「年末に5日~1週間実家に帰省する」と発言

4つすべて当てはまったら、そのキャバ嬢はほぼ確実に「整形休暇」と見て間違いないだろう。3つでも可能性が高い。もし整形顔は好みではないという場合、これらの情報を参考に、早めに指名替えを検討してみても良いかもしれない。
<取材・文/日刊SPA!取材班>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ひとりエッチも卒業!「オマエしか見えない」カレシ独占エッチ2つ
リーダーになってはいけない人の3つの特徴
それなっ! やっぱり不倫がイケナイ重要な理由6つ
あなたの目が良いかどうかテストできる画像が話題に
「もう一度チェックを!」エッチの前に洗い残しがちなパーツ4つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加