広島・鈴木が24号3ラン 中日vs広島は打撃戦に

広島・鈴木が24号3ラン 中日vs広島は打撃戦に

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/10

(セ・リーグ、中日-広島、18回戦、10日、ナゴヤD)広島は一回、中日の先発・八木から2つの四球で二死一、二塁とすると、5番・エルドレッドが中前に運び先制。続く6番・新井も右前適時打を放ち、2点を奪った。中日もその裏、広島の先発・九里から先頭の1番・京田が四球を選ぶと、内野ゴロと捕逸で三進。5番・ゲレーロが三遊間を破り1点を返した。

広島は二回、田中の死球と菊池の安打で二死一、三塁と再度得点機を迎えると、4番・鈴木が八木の直球を振り抜き左翼席へ24号3ランを運びリードを広げた。中日もその裏、藤井、堂上の連打と松井雅の四球で無死満塁のチャンス。ここで八木の代打で起用された遠藤が右前に運び藤井が還ると、続く京田の二ゴロの間に堂上が生還した。試合は二回を終えて5-3で広島がリードしている。

No image

2回、左越え3点本塁打を放った広島・鈴木=ナゴヤドーム(撮影・林俊志)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
前橋育英・皆川149キロ 今大会最速に聖地沸いた
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加