土屋太鳳 感動のマラソン激走を生んだ「スパルタ幼児教育」

土屋太鳳 感動のマラソン激走を生んだ「スパルタ幼児教育」

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/10/18
No image

激走に「女優魂を見た」と絶賛の声

女優の土屋太鳳(21)が10月8日放送のTBS『オールスター感謝祭』の名物コーナー「赤坂5丁目ミニマラソン」で見せた激走に、「女優魂を見た」「武士のようですらある」と絶賛の声が上がっている。

16日から放送開始の連続ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』の出演者代表として出走した土屋は、ハンデ戦とはいえゲストのリオ五輪・陸上1万メートル金メダリストのモハメド・ファラー(33)や猫ひろし(39)ら芸能人ランナーに交じり、全4周のコースの3周までトップを守る力走を見せたのだ。

とくに視聴者の心を鷲掴みしたのは8位という順位より、苦しそうなのに一切手抜きなしの真剣勝負ぶり。完走直後、酸欠でフラつきながらも向けられたマイクを奪い取った土屋は、「『IQ246』は本気で見ていただきたいです」と“命がけの番宣”をやりきる根性を見せたのである。

日本女子体育大学体育学部に在学中の土屋だが、その“スポ根”のルーツはむしろ小学生時代に入部した「バディ陸上クラブ」にあるようだ。バディは、「〈やればできる経験〉をさせる」の方針の下、世田谷区を中心に関東に7つの「スポーツ幼児園」や小中学生向けスポーツクラブなどを運営する。

幼児園では幼児教育からサッカー、バスケット、スキーなどの大会まで1年を通じて競技会が目白押しで、卒園式で逆上がり、三点倒立、跳び箱6段を成功できなければ卒園できないという筋金入りの“スポ根”スタイルで知られる。

サッカー日本代表の武藤嘉紀(24)は幼児園から中学卒業までバディでサッカーや陸上に取り組んだほか、11日のW杯最終予選オーストラリア戦で代表デビューした丸山祐市(27)もクラブ卒団生だ。土屋を指導した鈴木威・園長(66)は目を細めていう。

「合宿ではJR八王子駅近くの〈ひよどり山(小宮公園)〉で、1周約800メートルのコースを10周くらい走らせたかな。太鳳の2学年上の武藤は『人生で一番きつかったのはひよどり山』というほど苦しんでいましたが、太鳳は根性があってあまり弱音を吐かなかった」

魂のラストスパートはスパルタ教育の賜物だったようだ。

※週刊ポスト2016年10月28日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高校選手権に臨む弟へのメッセージは「楽しむ」こと、阪南大CB大野は「楽しんで」昨年の雪辱を
「苦しさもあった」欠場した仲間の思い背負って戦った慶大CB豊川が最高級の存在感
U19内山監督「十分力を発揮した」久保建英を評価
仙台大MF山田は実力証明するも「物足りないし、不甲斐ない」。J再挑戦へ向けてよりインパクトを
鹿島FW金崎がアフリカ王者戦で先発復帰へ DF植田の先発起用も有力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加