最新ランキングをチェックしよう
西武秋山が配球を読み切って21号2ラン「フォークにポイントを絞っていた」

西武秋山が配球を読み切って21号2ラン「フォークにポイントを絞っていた」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/12

西武・秋山翔吾【写真:編集部】ロッテ涌井の2打席目の配球をヒントに価値ある一発 西武の秋山が12日のロッテ戦で、さすがのバッティングを見せた。 西武多和田、ロッテ涌井の投げ合いで、最少リードの1-0で迎えた8回2死一塁。カウント1-2と追い込まれながら、涌井の133キロのフォークを完璧に捉えた。右翼席に弾む21号2ラン。「あれで楽になった」と辻監督で、多和田の今季初完封を後押しした。「あそこで(攻

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西岡、浅尾、吉見も...老け込むにはまだ早い、タイトルホルダー揃う84年世代
斎藤工がゴールボールに挑戦「みんなでパラスポーツを盛り上げていきたい」
ヤクルト・由規、“新投法”へ手応え「やることがはまってきた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加