「左足に魔法をかけたかのような...」柴崎岳のゴラッソを欧米メディアはどう伝えたのか?

「左足に魔法をかけたかのような...」柴崎岳のゴラッソを欧米メディアはどう伝えたのか?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

胸のエンブレムに手を当て、サポーターにアピール。もはや新生ヘタフェの“顔”となりつつある。(C)Getty Images

No image

バルサ守護神、テア・シュテーゲンの懸命な抵抗も及ばず。ホームスタジアムは熱狂のるつぼと化した。(C)REUTERS/AFLO

No image

名手イニエスタと競り合う柴崎。序盤から激しいチェイシングでバルサのボールホルダーに襲い掛かった。(C)Getty Images

リーガ・エスパニョーラ4節、ヘタフェとバルセロナの一戦で、日本代表MF柴崎岳が、世界中に衝撃を与えるゴラッソをねじ込んだ。

試合はホームのヘタフェが1-2の逆転負けを喫し、柴崎自身は54分に足首を痛めて負傷交代となったが、その鮮烈なパフォーマンスに対し、称賛の声が相次いでいる。

以下、欧米の有力メディアが伝えた“賛辞”を一挙紹介しよう。

●スペイン紙『La Vanguardia』
「シバサキがボルダラス監督の4試合連続スタメン起用に、報いて見せた。つねに足を止めずにボールを追い続け、バルサにプレッシャーを感じさせた。極めつけが先制弾。阻止不可能な左足ボレーで、カタルーニャの巨人を沈黙させたのだ。しかしながら彼の負傷交代(54分)を潮目に、流れはバルサに傾いた」

●米スポーツ専門チャンネル『ESPN』
「左足から放った甘美なボレーショットが、ヘタフェのサポーターに特大の夢を与え、世界中のファンを熱狂させた。あれはテア・シュテーゲンでもノーチャンスだ。まるでロケットのようにゴールに突き刺さった」

●英テレビ局『Sky Sports』
「信じられないボレーでバルサを撃ち抜いた。ベルガラが頭で返した浮き球を、猛々しいショットでゴールにねじ込んだのだ。バルサに与えたショックは大きく、彼らはリカバーするためにさらなるハードワークを強いられた。後半もスタートから勇猛に戦ったが、54分に負傷交代」

●オランダ・サッカーサイト『Voetbal International』
「良くないながらも前半のバルセロナ・ディフェンスは、致命的なピンチには陥らなかった。だが、39分に突如として悪夢に見舞われる。ガク・シバサキがパーフェクトな左足ボレーを放ち、テア・シュテーゲンの頭上を抜いたのだ。ドイツ代表GKはこの試合を通して終始素晴らしい出来だったが、あの一撃だけはさすがに止められなかった」●オランダ全国紙『AD』
「ガク・シバサキが、まるで左足に魔法をかけたかのようなショットで、ヘタフェにリードをもたらした。結果的にバルサ相手に大金星をもたらすゴールとはならなかったが、ファンの間であの名シーンは長く語り継がれるだろう」

●スペイン全国紙『AS』
「39分にガクが左足で放ったショットは、本当に鮮やかな一撃だった。プレシーズンでもゴールを決めていたが、プリメーラ(1部)では4節にして初めてのゴール。日本人選手としては、6番目だ。バルサ相手となると、昨シーズンにイヌイがカンプ・ノウで2得点を挙げている。怪我の状態が気になるが、この調子ならもっとたくさんのゴールを決めるだろう」

●スペイン全国紙『Marca』
[なんてことだ。日本人が生涯一のゴラッソをバルサ・ゴールに蹴り込んだ。ヘタフェでもっとも才能に溢れる男は、エリア手前からテア=シュテーゲンにとって絶望的な一撃をお見舞いした。バルサの今シーズン初失点であり、リーガでは450分間無失点を続けていたが、その記録も阻止。天才的な閃きで決めた、きわめて価値が高く、輝かしいゴラッソだ。リタイヤは残念だったが、間違いなく今日のメインキャストのひとり。(クラブワールドカップ決勝で)レアル・マドリーにしでかしたことを、バルサ相手にもやってのけたのだ」

●フランス全国紙『Le Quipe 』
[元鹿島アントラーズのMFは、昨年末のクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリーを相手に2ゴールを挙げた時と同様に、世界中の人びとの目を釘付けにした。彼はビッグクラブとのゲームがきっと大好物なのだろう。圧巻のゴールだった。あれは阻止不能だろう。テア・シュテーゲンが可哀そうに思えるほどの甘美なボレーショットだった」
●ドイツ専門誌『Kicker』
「この日のバルサをふたつのショックが襲った。ひとつは前半、ウスマンヌ・デンベレの負傷交代。巨額を投じて獲得した新戦力がハムストリングを傷め、離脱を余儀なくされたのだ。その10分後の39分にもうひとつの衝撃が訪れる。ヘタフェのガク・シバサキが目の覚めるようなボレーをバルサ・ゴールにねじ込んだ。前半のバルサは混乱のままに、45分間を終えた」

●イタリア全国スポーツ紙『Gazzetta dello Sport』
「シバサキがゴラッソでヘタフェに途轍もなく大きなアドバンテージをもたらした。ダミアン・スアレスのロングボールをマルケル・ベルガラが落とし、素晴らしい左足のインパクトで、451分間無失点のマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの牙城を崩したのだ」

●アルゼンチン全国スポーツ紙『OLE』
「クラブワールドカップ決勝のあの衝撃に匹敵するゴールを決めた。もはやバルサとマドリーにとって、ガク・シバサキは“処刑執行人”と言ってもいいだろう。バルサ戦の左足ボレーは完全なる自信がなければ決まらないショットであり、本物のクオリティーを有していた。惜しくもヘタフェは敗れてしまったが、ガクはあらためて世界にその名を知らしめたのだ」

●南米サッカー専門サイト『depor.com』
「いったいガク・シバサキはどの惑星から来たんだ? あのバルサを相手に、あんな情け容赦ないゴラッソ決めるなんて、普通のフットボーラーではない。テア・シュテーゲンは目いっぱいに身体を伸ばしてセーブしようとしたが無駄だった。ガクはレアル・マドリーとバルサの両雄からゴールを奪った初めてのハポネス(日本人)だ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
柴崎は「バルサのある選手に踏みつけられた」 ヘタフェ会長がピッチ状態への批判に反論
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
「日本のヒットマン」「リバプールに天罰を下す」 1G1Aと大暴れの岡崎慎司を英メディアが激賞
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
香川真司をHSV戦先発起用か。無敗継続中ドルト、指揮官は中盤のローテーション示唆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加