フランクフルトがライプツィヒを破って3回戦突破!長谷部誠は2020年初先発で、勝利に貢献【DFBポカール】

フランクフルトがライプツィヒを破って3回戦突破!長谷部誠は2020年初先発で、勝利に貢献【DFBポカール】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/02/05
No image

REライプツィヒのアタッカー陣と渡り合う長谷部。 (C) Getty Images

現地時間2月4日、ドイツのDFBポカールの3回戦が各地で行なわれた。長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルトは、ホームに今季好調のRBライプツィヒを迎えた。

長谷部は4-3-3の中盤底で先発し、アンカーとして守備を牽引。鎌田はベンチスタートとなった。

先制は17分、アンドレ・シウバが自ら獲得したPKを決めてホームチームが先制。その後は、アウェーチームの怒涛のような攻撃が続く。だがGKケビン・トラップと長谷部を中心とした守りで、フランクフルトが1点リードして試合を折り返す。

さらに51分、長谷部のパスを受けたセバスティアン・ロデが前線に送り、フィリップ・コスティッチがこれをきっちり決めて、追加点を挙げることに成功した。

しかし62分にライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督はティモ・ヴェルナーを投入。攻撃が活性化されると、69分、マンチェスター・シティから加入したアンヘリーニョのパスに、ダニエル・オルモが走り込み、それまで鉄壁だったホームチームのゴールを破られてしまう。

2-1で迎えた終盤、アウェーチームは明らかに攻撃のギアを上げ、アンヘリーノらサイドからDFを揺さぶり、89分には再びオルモが決定機を迎えるも、シュートは左に切れた。

さらに90+5分にはコスティッチがDFのミスを捉えてこの日2点目のゴールを決め、3-1と突き放してシュートを決めた。

最後まで組織的な守備でアウェーチームに仕事をさせなかったフランクフルトが勝利。長谷部はフル出場で貢献し、次戦に駒を進めている。鎌田は出場しなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アトレティコ対リバプール、予想スタメン&プレビュー。昨季王者が持つ「矛」に、堅守という「盾」は耐えきれるか?【欧州CLラウンド16】
「恥を知れ!」人種差別チャントに憤慨→自主退場のマレガへ、ポルトガル全国紙が最高採点“10”でエール!
東京マラソン一般参加中止に海外ランナーも嘆息 「がっかり」「理解し、尊重しますが...」
「痛い!」 ジダン監督、「顔面キック」被害の決定的瞬間に世界衝撃「レッドカード?」
CL決勝トーナメントがスタート! 新天地での活躍が期待される今冬の新戦力8名
  • このエントリーをはてなブックマークに追加