米国株見通し:薄商いの中で利食いに押されやすい面も

米国株見通し:薄商いの中で利食いに押されやすい面も

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/11
No image

株式会社フィスコ

S&P500先物 2463.75(-9.25) (19:10現在)
ナスダック100先物 5889.25(-33.25) (19:10現在)

19:10時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。また、NYダウは40ドル安程度で推移。欧州市場は、小幅ではあるが全般下落して推移している。原油先物相場は小幅に上昇して推移しており、これらの流れを受けて、米株式市場は売り先行で始まりそうだ。

9日のNY市場は北朝鮮情勢を巡る地政学リスクへの警戒感からアジア・欧州株が概ね全面安となり、米国株にも売りが先行。複数の主要企業の決算内容も嫌気され、終日軟調推移となった。NYダウは足元で調整をみせているが、それでも高値圏での推移が続いており、需給状況は良好である。ただし、北朝鮮の地政学リスクのほか、米議会が夏休みで手掛かり材料に欠けるなか、市場参加者は限られるだろう。そのため、薄商いの中を利益確定の売りに押されやすいとみられる。経済指標では生産者物価指数(7月)、新規失業保険申請件数(先週)が予定されている。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マクド派の勝利で カサノバ社長「関西弁」でメッセージ
【激安輸入中古車のススメ】第1回 筆者が10万円で買った初代シトロエン C5(前編)
いまや「EZwebって何?」 auメールアドレスに世代間ギャップ
【報ステ】どこで...工場のポテトサラダから不検出
トヨタ カローラ に ゴルフGTI 対抗ホットハッチ登場!? デザインを予想
  • このエントリーをはてなブックマークに追加