本田、フル出場で同点アシスト パチューカ引き分け

本田、フル出場で同点アシスト パチューカ引き分け

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

前半、競り合うパチューカFW本田(撮影・PIKO)

<メキシコリーグ:アメリカ2-2パチューカ>◇13日◇メキシコ市

FW本田圭佑が所属するパチューカがアウェーでアメリカと2-2で引き分け、後期初勝ち点を挙げた。本田はトップ下でフル出場し、CKで同点ゴールをアシストした。

前半3分、DFエレーラのファウルでPKを献上したが、相手FWペラルタのキックをGKブランコが左手で止め失点は免れた。しかし、同14分、右クロスをペラルタに右足ボレーをニアに流し込まれ、先制点を許した。

同22分、本田が右サイドから好クロス。FWハラが飛び込みヘディングシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれた。同ロスタイムには左サイドからの本田のFKが壁に当たった後、ゴールへ向かったが相手GKにキャッチされ0-1とビハインドで前半を終了した。

後半2分、本田の左足のピンポイントの右CKを、中央で相手GKに競り勝ったDFムリージョがヘディングシュートを決め、パチューカが1-1の同点に追いついた。同11分、カウンターから本田が右から好クロスを上げたが、ハラのフリーでのヘディングシュートは枠を外し決定機を逃した。

同30分、自陣左サイドを突破されたクロスから中央へ走り込んだFWマルティンに右足で押し込まれ、1-2と再び勝ち越しを許した。

しかし、敗戦目前の同44分、右クロスをファーでFWパラシオスが折り返し、ゴール前に詰めていたMFグスマンが押し込んで2-2の同点に追いつきドローに持ち込んだ。

パチューカは1分け1敗の勝ち点1。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
570万再生を突破! ロナウジーニョが投稿した伝説の“バー直撃弾”大反響「まさに魔法」
サンチェスとムヒタリアンの大型トレードがついに成立! 気になる移籍理由も明らかに
張本氏は問題発言連発!?関口宏がズバリ指摘
本田圭佑、ピッチ乱入の少女に“神対応” 現地メディア絶賛「なんて素晴らしい振る舞いだ!」
【セルジオ越後】なぜ批判されるのか? 齋藤学に怒りの矛先を向けるのはお門違いだよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加