トランプ氏、FRB議長候補のテイラー教授と面談

トランプ氏、FRB議長候補のテイラー教授と面談

  • WSJ日本版
  • 更新日:2017/10/13
No image
No image

【ワシントン】ドナルド・トランプ米大統領は12日、スタンフォード大学のジョン・テイラー教授(経済学)と面談し、連邦準備制度理事会(FRB)議長に指名する可能性について協議した。ホワイトハウス関係者が明らかにした。

協議にはスティーブン・ムニューシン財務長官とマイク・ペンス副大統領も同席したという。

テイラー氏は議長指名に検討されている複数の候補者の1人。

トランプ大統領は9月末、ケビン・ウォーシュ元FRB理事とジェローム・パウエル現FRB理事とそれぞれ面談した。事情を知る複数の関係者によると、議長としての任期が来年2月に切れるジャネット・イエレン氏が再指名される可能性もまだ消えていない。

ジョン・ケリー大統領首席補佐官は12日、議長の人選について報道陣に対し、「まだインタビューを行っている最中だ。これまで面談に訪れた人は皆、実際のところ第1段階の候補者リストに上がっている人たちだ。まだインタビューは終わっていない」と語った。

トランプ氏は9月末、次期FRB議長の指名候補を3週間以内に発表したいとの考えを示した。

テイラー氏は金融危機以来、FRBの政策を何度も批判してきた人物だ。もっと早期に利上げすべきだったと主張しており、議会証言では、金利判断の指針となる数式など一定の金融政策決定ルールを設定することで得られる利点について持論を展開した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「食べる時間」を間違えると、たった1週間で肥満になります
「初エッチがイマイチ」だった男子のフェイドアウトLINEを覗き見ッ!
不倫カップルが帰宅前「泣く泣く削除するラブLINE」を覗き見!
羽生結弦が見せた「セクシーすぎる」仕草にネットで賛否両論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加