最新ランキングをチェックしよう

【企業分析バトル】株価の安さに惹かれた「スパークス」 学生でも買えるのがいい(一橋大学)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2019/04/10

収入源に乏しい学生にとって、株式投資でも「安く買える」ことは重要だ。
そこで今回の「企業分析バトル」で取り上げるのが、「スパークス・グループ株式会社」。この銘柄を選んだ理由の一つは、ズバリ「株価の安さ」である。スパークスの株価は1株213円(2109年2月25日の終値)。他にも選んだ理由はあるが、この敷居の低さを重視した。
1989年創業の投信会社、ジョージ・ソロス氏と親交
【スパークス・グループ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リゾネットに15ヶ月の業務停止命令 旅行会員権のマルチ販売
ANA、JALとハワイアン航空の合弁事業で米運輸省に意見 ハワイ諸島市場から排除懸念
デジタル時代のクルマ購入検討行動
コーポ○○は典型的な不人気物件?長期空室の恐怖 『にわか大家はつらいよ。限界アパート物語』 第2回
下関ボートに子ども向け施設「モーヴィ下関」30日オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加