【中山3R新馬戦】14番人気ミズカゼが波乱演出 木幡初「いい勝ち方」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

ダート1800メートルで行われた中山3R・新馬戦は好位の内で運んだ14番人気の超伏兵ミズカゼ(牡=田村、父スマートファルコン)がヘッドスタートとの追い比べを半馬身差制した。

木幡初は「最初は追走に苦労したけど、途中からハミを取ってくれた。砂を被ってもひるまないし、いい勝ち方」と笑顔。田村師は「稽古では動かないタイプだったが、ビシビシと攻めていたのが良かったのかも。いい位置で運べたし展開も向いた」と喜んだ。次走は未定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
「関東連合」元幹部、“AV女優と交際”で恐喝未遂か
広瀬すず「anone」視聴率急落はあの時の声のせい?
かたせ梨乃「すべらない話」衝撃映像にネット沸騰「凄すぎる」
「進化型レジャーホテル」が一般ホテルの“10年先”を行く理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加