横浜 斎藤 待望の今季初ゴール「不安と戦う日々 このままノーゴールだったらどうしようと...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

◇明治安田生命J1第26節第1日 横浜1―1柏(2017年9月16日 日産ス)

横浜のMF斎藤が待望の今季初ゴールを挙げた。前半9分、DF山中の左クロスが相手DFに当たり、そのこぼれ球が斎藤の足元へ。ペナルティーエリアから右足を強振し、シュートを右サイドネットに突き刺した。

リーグ戦では16年10月29日の鳥栖戦以来の得点。昨季は通算10点を挙げたが、今季は1ゴールが遠かった。「内心不安と戦う日々だった。携帯はあまり触らないようにしていたが、触れば(今季)ノーゴールと出てくる。このままノーゴールだったらどうしようと思っていた」と不安を募らせていたことを吐露。チームは1―0の後半43分にFKから失点し、「点は取れたが、勝てなかったことが大きい」と手放しでは喜べないが、不安は自ら断ち切った。

得点後には指を交差させて「F」ポーズを作った。「(イニシャルに)Fがつく病気の子どもと会って、その子と約束していた」と明かした。チームメイト、サポーター、スタッフと誰もが待ち望んだ主将の一発は、小さな友人に勇気を与える光でもあった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜FM齋藤、全治8カ月に無念の思いも... W杯や海外移籍の目標を「諦めずに追いたい」
Jリーグ、47クラブに来季クラブライセンスを交付。鹿児島と琉球がJ2ライセンス初取得
【現役の眼】元日本代表MF、橋本英郎が解き明かす「流行する3-4-2-1の狙いと効きめ」
鹿児島、琉球がJ2ライセンス取得!J3で2位沼津や3位秋田次第でJ3自動降格がなくなる可能性
齋藤学、8ヶ月の長期離脱にも夢捨てず。「ロシアW杯も海外でのプレーも諦めない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加