鹿児島市で62歳男性運転の車が住宅に突っ込み炎上

鹿児島市で62歳男性運転の車が住宅に突っ込み炎上

  • TBS News i
  • 更新日:2016/12/01
No image

鹿児島市で62歳男性運転の車が住宅に突っ込み炎上

30日夜、鹿児島市で62歳の男性が運転する軽乗用車が住宅に突っ込みました。車は炎上し、住宅の一部が焼けました。

警察によりますと、30日午後10時半前、鹿児島市新屋敷町の自営業・山本利明さん(77)の住宅に軽乗用車が突っ込みました。軽乗用車は炎上し、燃え移った火で鉄筋コンクリート2階建て住宅の一部が焼けました。

山本さんは一人暮らしで、当時、2階で寝ていましたが、すぐに逃げ出し、けがはありませんでした。また、軽乗用車を運転していた62歳の男性もけがはありませんでした。

「最初はドン、パリンと音が聞こえて、車の中から火が出ている感じ。車が爆発しだして、危ないと思って逃げた」(近所の住民)

運転していた男性は自分で110番通報しましたが、事故直前の状況は「覚えていない」と話しているということです。警察で事故の原因を調べています。(01日09:42)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴、薬物疑惑よりも200万円のバーキンでキメたファッションにクギ付け
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
福島から避難 教諭が児童を「菌」と発言
国公立大学で増えるAO入試枠 変革迫られる入試
週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加