5番人気トウショウピストが逃げ切りV/オーロC

5番人気トウショウピストが逃げ切りV/オーロC

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/11/12
No image

古川吉洋騎手騎乗のトウショウピストが勝利(撮影:下野雄規)

12日、東京競馬場で行われたオーロC(3歳上・OP・芝1400m)は、先手を取った古川吉洋騎手騎乗の5番人気トウショウピスト(牡5、栗東・角田晃一厩舎)が、そのまま直線に入ってゴールまで粘り切り、終始2番手を追走した1番人気ディバインコード(牡3、美浦・栗田博憲厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分20秒8(良)。

さらに3/4馬身差の3着に6番人気サンライズメジャー(牡8、栗東・浜田多実雄厩舎)が入った。なお、2番人気トウショウドラフタ(牡4、美浦・萱野浩二厩舎)は6着に終わった。

また、3番人気ロサギガンティア(牡6、美浦・藤沢和雄厩舎)は故障発生のため、競走を中止した。

勝ったトウショウピストは、父ヨハネスブルグ、母シーイズトウショウ、その父サクラバクシンオーという血統。これで通算成績は29戦6勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆トウショウピスト(牡5)
騎手:古川吉洋
厩舎:栗東・角田晃一
父:ヨハネスブルグ
母:シーイズトウショウ
母父:サクラバクシンオー
馬主:トウショウ産業
生産者:トウショウ産業株式会社トウショウ牧場
通算成績:29戦6勝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『スッキリ』加藤浩次も「なんだよ、それ」とブチ切れ!? 民放が元SMAP退所組を“徹底排除”
校内で女子生徒と”行為” 中学教師、卒業後も関係
コムアイ、えっ裸!? "肌色×透明"の大胆衣装で注目集める
「プレミアムフライデー」についてシャープ公式Twitterが思わずホンネを漏らす! それ言っちゃダメだろッ!!
元旭鷲山、元朝青龍の「嘘つけ!」ツイートに反論「いつか俺が嘘を言っているか分かる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加