青木宣親、ア軍と1年6億円で合意 米メディアは「グリエルとの併用」を予想

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01
No image

米大リーグ、アストロズが青木宣親外野手(34)と年俸調停を回避し、1年550万ドル(約6億2000万円)で合意した、と30日(日本時間12月1日)、地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)が伝えた。

青木はシーズン終了後にマリナーズからウェーバーにかけられ、アストロズへ移籍。ところが、チームは青木の獲得後にドジャースからフリーエージェント(FA)になっていたレディック外野手と4年5200万ドル(約59億円)で合意したため、大リーグ公式サイトなどはアストロズがFAまで1年を残す青木の保有権を放棄し、再び移籍すると予想していた。

年俸が550万ドルだったメジャー5年目の今季は主に1番打者として118試合に出場し、打率・283、4本塁打、28打点、63得点、7盗塁。日米通算2000安打まであと35本。青木の起用法について、地元紙などの米メディアは「対右腕用の左翼手」、元DeNAで今季途中にメジャー移籍した「グリエルとの併用」と予想している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昨年は入札ゼロも...”2度目の正直”目指す韓国人内野手、最適のMLB球団は?
ここにも日米格差が...?オフシーズン、野球選手は何をしているのか
ダル、インスタにマー君、大谷、田中正義らとの「クーニンポーズ」写真
新ルールが大谷翔平の早期MLB移籍阻む? 米記者「2019年まで来ないだろう」
米555発マニー・ラミレス自ら売り込み高知入団へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加