川崎F小林、4年連続2桁弾で追いつきドローも「悔しい」

川崎F小林、4年連続2桁弾で追いつきドローも「悔しい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/25

◇明治安田生命J1第24節 川崎F2―2清水(2019年8月24日 等々力)

No image

後半、ゴールを決める川崎F・小林(左)

川崎FのFW小林が4年連続2桁得点とする値千金の今季10点目を挙げた。1―2の後半33分に途中出場し、その1分後。中村、馬渡と縦にパスがつながれると「少しのスペースを見つけてうまく走り込めた」と最後は小林がゴール右からダイレクトシュートを突き刺した。J1通算250試合目で、大分のFWオナイウと並んで得点ランク日本人トップタイに躍り出た。

ただ、チームは5試合勝ちなしで3位から4位に後退。小林は「今日に関しては1点では自分の役割を果たせなかった。チームを勝たせることが入った意味なので悔しい」と唇をかんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
C大阪瀬古、初ダービーのG大阪戦「絶対に勝つ」
浦和DF槙野智章、審判侮辱発言で処分「天皇杯には出場できませんが...」
名古屋風間監督が解任 後任フィッカデンティ氏濃厚
永井秀樹が明かす突然の監督就任の裏側。ヴェルディ再建へ腹をくくった
名古屋がファン感謝デー 小西社長、監督問題で陳謝「決まったことは順次発表」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加